日々の嘆き

ルノーとか以下略

ジムーニ

ずいぶん前のことなんですが、友人G氏がジムニー買った。

で、相模川に遊びに行ってきましたよ。
不用意に水たまりに入ったら予想外に深くて二人してビビった。

面白いのは河原ぐらいだとATが意外といい感じで、ギコギコ半クラッチしなくていいからか
デコボコを走るのが楽しい。もしかしたらMTでも楽しいのかもしれないけどMTのジムニーで
デコボコ走ったことないからわからない。

ジムニーいいなあー

スポンサーサイト
  1. 2017/11/10(金) 23:09:52|
  2. おでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒューズ

さてFBM空けて一週間。燃料計と電流計とベンチレーターファンが動かなくなってしまったR12だ。
おそらくFBMの豪雨で雨水があふれてファンが水をかぶったかなんかしてヒューズが飛んだんでしょう。

エンジンルームにある貧相なヒューズボックスを開けたら案の定一個切れてた。
ところでうちのR12、ドイツ仕様だからか棒ヒューズが使われてる。

棒ヒューズはガラス管に針金みたいのが入ってる管ヒューズじゃなくて、プラの棒にアルミみたいなのがむき出しについてる
こういうやつ。
なぜかドイツ仕様車両の車に多い気がする。おととさんのR4もドイツ仕様でやっぱりこの手のヒューズがついてた。
GSもDSuperもガラス管ヒューズだったので、もしかするとルノーがコレが好きなのかもしれない。

まずもっての問題はこいつが割と入手難なあたり。ホームセンターとかオートバックスではまず売ってないと思う。
アマゾンとかeBayでは普通に買えるので買って持っておけばいいと言えばいいのですが、なんかの時に見つからなくて詰む恐れがあるのと、そうまでしてこのヒューズ使う理由もないでしょ。

なのでオートバックスで普通のブレードヒューズのソケットというか受け金具を買ってきて土台ごと交換した。ちなみにヒューズ容量は15A。
特に問題無く施工出来ました。メーターもファンも元通り動くようになった。

ついでにワックス掛けた。よく光ってます。次の週末は環八だでよ…!
  1. 2017/11/09(木) 22:53:20|
  2. ルノー R12
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドシャブリーヌ

さて。10月29日はFBMでした

土砂降り

なんなのよ…
R12に乗って出かけます。天気も悪いしゆっくりでいいやってんで8時半ぐらいに出て12時ちょうどぐらいにつていいきなり
グラウンドに止めてやろうという考え。
雨が凄いので皆さんもお出かけにならないらしく(時間も半端だし)中央道はガラガラ。途中事故に遭遇しましたが渋滞はありませんでした。
諏訪で下りて車山を目指しますがICおりてすぐの甲州街道ですでにお帰りと思われるフランス車両と大量に遭遇。道中もどんどんすれちがいました。
現場に着いたらグラウンドガラガラ。見たことあるR4が止まっててNMさんが凄い手振ってた。

おにぎりを食べたあと屋台をひやかします。寒かったので血迷って蛍光黄色のどこで着るんだこれ的な防水ジャケットを買ってしまった。ほんとにこれいつどこで着るんだ。

Tゐさんもmynさんもいない。お邪魔したときはTらさんちはもう撤収するところでご挨拶のあとテントたたむの手伝った。
SMZさんとはお会いできた。まだクランクでエンジンかけてるみたい…

とはいえR12はなんかすごい写真撮られてた。エゴサが楽しみだな。

山を下りたところの道の駅みたいなのでTゐさんと遭遇。「紺色のキャトル乗ってる人にドア押されて穴空いちゃったんですよー」って嬉しそうに言ってたのでおととさんはTゐさんのDSのドアもっとペコペコ押すといいと思います。

帰りの中央道は空いていたがものすごい雨だ。

なんか雨漏りしてる

ちょっと特定できないが、ベンチレーターからか、ワイパーの軸か、微妙な浸水。しかも漏電してヒューズが飛んでしまったらしく燃料系・電流計・サイドブレーキの警告灯・ベンチレーターのファンが動かなくなってしまった。うーん こまった。

環八はシュコダかもしれない…


写真はなし!
  1. 2017/10/30(月) 23:43:40|
  2. おでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワコーズのフューエルワン

先日、シャコタンさんちに遊びに行った時、ワコーズのフューエルワン効くよって教えてもらった。
mucchiさん添加剤の効果が体感できない人なのですが、入れて悪いことはないんじゃないのということで
試してみた。
対象は今までの履歴がわからないR12とシュコダ。どちらも大衆車ですので割とほったらかしになっていることが
予想されます。

「ガソリン・ディーゼル兼用燃料添加剤。高性能清浄剤PEAの作用により、燃料に添加するだけで燃焼室・吸排気バルブ・インジェクターなどに堆積したカーボン・ワニス・ガム質などを除去し、新車時のエンジン性能を取り戻します。」

ほんとかよぉ。

キャブとかもきれいになるのかなー。というわけで投入。どちらも高速道路を含め一気に長距離を走る機会があったので。
R12の日記に書いたが、投入して600キロほど走ったところでアイドリングが不安定になった。調整してたどり着いたが、なにやら回転が低くなってしまった模様。なんでだ。走行自体は全く問題なく実に具合よく回る。もともとそんなにヤバくなかったので正直なところR12については効果はあまりわからない…悪くはなさそうですが。

一時マイク□□ンとかが発端になったのか添加剤すごくはやりましたが最近は落ち着いた感じ?あくまで個人の意見なんですがオイルに入れる添加剤って体感できるような効果ってあんまりないような気がする。燃料系はわかるのもあるけど効果は持続しなかったような印象。昔STPとかいうブランドでLEADとかなんとかいうのが売ってて、それいれるとなんだか具合が良かった。

で、シュコダ。こいつも投入後おおよそ200キロ走った。200キロ程度で効果が出るのか不明だが、なんだかアイドリングが上がった気がする。そもそもタコメーターないからわからないけど。エンジンの騒音の質とかはあまり変わってない。

つまるところよくわからない。
ただ体感ではエンジンの周りなんかはどちらも軽やかでいい感じ。どちらもたぶんキャブが奇麗になった(と思われる)のでもう一度調子出しをする余地があるかもしれない。



  1. 2017/10/16(月) 22:52:35|
  2. mucchi's review【各種オイル】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

グリスアップ

割と前、Chanch氏が遊びに来てくれた時下を覗いてキングピンにグリスニップルがついてるからちょいちょい差した方がいいよハンドル重いしって言ってたのを思い出した。
なんでもグリス切れるとハンドル重くなるらしい。実はタイヤを換えたらびっくりするほどハンドル軽くなったのでむしろこれ以上軽くなったら困るが、とはいえキングピンなんて大物がすり減りでもしたらたまらないから追加がてら差しといた。

グリスニップルがものすごい堆積物に埋まってた。よくこれで車検通ったな。
それもすごいがグリスニップルの規格って世界共通なんだね。共産時代のチェコスロバキアのグリスニップルにカインズホームで買ったグリスガンのノズルが普通に差さって普通に給脂できた。

ハンドルは特に軽くならなかった。RRなのでハンドルは軽いのだ。

あとこの車クラッチのレリーズベアリングにも給油できる構造らしい。カバー開けてアームの溝に10滴オイルたらせとかヘインズに書いてある。なんか恐ろしいんですけど。

カブもそうだがグリスニップルがついてると給脂さえきちんとしていれば割とトラブルフリーな経験があるのでお好みなのですが、逆に給脂しないとダメになるんじゃないかという恐怖もある。給紙して劇的に良くなっちゃうということはドライだった証拠でもあるので、変わらないぐらいがむしろ安心かもしれない。

オドメーターぶっ壊れてるんでわかんないけど納車して2,000キロぐらい乗ったかな。寝てたみたいだからそろそろ一回オイル換えとく?
  1. 2017/10/11(水) 22:26:17|
  2. シュコダ120L
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ