日々の嘆き

シトローエンとかルノーとかvelosolexとかホンダとかヤマハとかチャリとかJAWAとかべスパとかとかとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もくせえ

木星が綺麗ですねえ

というわけなので
弊社重MATひっぱりだして木星見てみたよ。

mokusei.jpg
ウチの設備だと写真はコレが精一杯。この写真では地縛霊みたいになっちゃってますが
肉眼では100倍ぐらい美しく見えます。周りに散らばる衛星までバッチリよ。こないだ主鏡を調節したばっかりだから
よく見えます。

ただなぜか大赤斑は見えなかったな。めぐり合わせが悪いのか、目が節穴なのか。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/01(水) 00:14:56|
  2. よぞら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポッポr

なかなか晴れないねえ…
弊社重MATの光軸調整をしたので見えグワイを試してみたいのですが。

ちなみに調整には国際光器のレーザーコリメーターを使用しました。初心者のくせに生意気なといわれそうですが、初心者だからこそ道具に頼らないとダメなのよ!

レンズ沼という単語がございまして、主に写真道楽(もしくはカメラ道楽)の方面でよく使われるんですが、端的に言うとレンズが欲しくてズブズブになってしまうというまことに分かりやすい言葉でございます。

天体望遠鏡も光学機器ですので同様の沼が存在してまして、むしろデジタル一眼レフあたりよりはるかにキョーレツなのが口をあけております。帰ってきてあちこち見てますとすっかり頭でっかちになってしまってあああ谷光学研究所のオルソスコピック接眼レンズセット欲しいいいとかなるわけ。

そんなmucchiさん去年の年末に接眼レンズ一本買ってるのよ。40mmってやつ。mucchiさんちの重MATにつけると約16倍の倍率が得られるという。ヨドバシのポイントで買ってきたのね。

コイツがすばるにバッチリグー

ちょうどすばる全体が視界に収まる感じで、しかも綺麗に見える!倍率が低いから当然といえば当然なんですが、製品についてきたお仕着せのよりよく見える気がする。こうなってくると断然アフターマーケットの接眼レンズが欲しくなるわけで、大変に危険でございます。広角系の接眼レンズも欲しいしねえ。


ところで、土星の環。
下リンク画像をご覧ください↓
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/c6/Saturnoppositions.jpg

輪っか的には当分涙目状態が続きます。どちらにしてもこんなに見えないんですがね。
  1. 2010/02/03(水) 15:25:15|
  2. よぞら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

リベンジ

リベンジに行ってきましたよ。一人で。

今日は晴れてたので実に良く見えました。んっふっふっふ。

ところで例のあそこは北天に駅が近いのでどうしても明るい。ので新しい場所を開拓した。
完璧なところはなかなかありませんが、まずまずのところを発見。例のあそこから割りと近く。

次の流星群はいけるかもしれない。宮が瀬に勝るとも劣らないですお。
  1. 2010/01/16(土) 01:41:58|
  2. よぞら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

スバリスト2

ベスパばらすと混合ガソリン臭いから嫌なんだよ!どうにかしてガソリンを撒き散らさずにタンク下ろせないかなあ。
2りんかんで売ってるなんとかジョイント買おうかとも思うが、そんなにしょっちゅうばらさないしねえ…


というわけで行ってきます。


翌1月10日 午前2時41分追記



行ってきました。




ポッポルヌー!!!
  1. 2010/01/09(土) 20:46:16|
  2. よぞら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

VixenR130Sf

さて。「重MAT」とか単に「メガネ」等と呼ばれてるmucchiさんの天体望遠鏡。
Vixen社R130SfポルタII経緯台セットというブツです。口径130mmのニュートン式反射望遠鏡をフリーストップ式経緯台に搭載した入門機です。ニュートン式反射を入門機とするかどうかは意見が分かれる(やや専門的な知識を要するメンテナンスが要るので)ところですが、現にここに使ってる入門者が居るんで。

定価は63,000円ですが実売はだいぶ安く、50,000円ぐらいから安いところだと4万円台前半ぐらいの値段です。中国製らしいですが良く管理されており、中国製品的駄目風味は感じられません。半値ぐらいでケンコーの114mmニュートン反射+赤道儀三脚が買えますがあまりいい評判を聞かないので止めた。
50,000円でこの口径のニュートン反射が買えるんですからいい世の中になったもんです。

ところでこのよさげなR130SfポルタIIですが問題もいくつかあります。
ニュートン反射の重要メンテナンスである光軸調整ができない。正確には出来るけど「やらせたくない」という姿勢がプンプンする構造になってます。光軸そのものはがっちりと固定されておりそこそこ気を使っていればずれないようにはなっていますが…
さらにR130Sfはドローチューブが自分には判らない理由でなぜかプラスチックで出来ています。このドローチューブをピニオンギアでグリグリやってピントを出すんですが、見てるだけならついてるのは接眼レンズですが、ここにカメラつけて写真撮れ的な事も書いてあるのに、そこをプラで作るという…さ…

R200SSの赤道儀仕様を買えとかそういうことか。…22万円か…。

で、気を取り直して実際にコシナの一眼レフをくくりつけて月の写真を撮ってみた。

otukisama.jpg

なぜか銀塩なのに猛烈にノイズが乗った。腕が悪いのか、空の環境が悪かったのか、3年前に期限の切れたフィルムが悪かったのかおととさんが1,300円でハードオフで買ってきたスキャナが悪かったのか、あるいはその全部か。ピントが甘いのは寒かったからです。なんだそりゃ。

ひょんなナニでデジイチを入手したので、今度はコイツをくくり付けて撮影に挑みたい考えです。

と、いうわけで
1月9日夜上野原に遠征します。獲物はオリオン大星雲、すばる、火星、その他。土星はたぶん無理です。しぶんぎはとっくに過ぎたので流星は見られません。当日は10日AM3.00ごろにならないと月が出てきませんので雲さえなければ好条件で観望できる筈です。
参加希望者は連絡されたい。メガネが一本しかないので双眼鏡とかある方はお持ちになるのがよろしかろう。
  1. 2010/01/07(木) 00:33:18|
  2. よぞら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ