日々の嘆き

シトローエンとかルノーとかvelosolexとかホンダとかヤマハとかチャリとかJAWAとかべスパとかとかとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ルブリケイション

クソ暑かったのでちびTのリアサスに給脂しました。

CBTのリアサスはゴチャゴチャしたリンクになっています。書き忘れましたが大アームと小アームは重なっている部分で結合されています。各結合部にはメタルブッシュが入っています。
rsuscbt125.jpg
乗っているとリアサスシリンダーがリアのアームに直付けになっているCG125より乗り心地が明らかに良くて、路面への追従性もそれと分かるぐらい良いので動きがしなやかなんでしょうが、なんで関節がいっぱいあるとしなやかなのかは今ひとつ良く分かりません。
スイングアーム自体の動作軌跡はCGもCBTも同じなわけですが、CGではスイングアームがサスシリンダーを直接圧縮しているのに対し、CBTではぐらぐら動く小アームに取り付けられた大アームをテコにして縮めています。
素人考えですが、サスを圧縮する部分を多関節にして竹のヘビみたいにしなやかにして、繊細なスイングアームの上下を可能にしてるのかなあ、と。


理論はともかく、CBTはここが渋くなりがちなのだそうで、実際mucchiさんのも時々キコキコ言うようになった。購入後約1年半、9,000kmぐらい走ったかなあ。固着はしてなさそうですが、予防的に給脂することにしました。

R1002644.jpg
いきなり大物です。マフラーのナットを外します。

R1002645.jpg
タンデムステップを左右外すとマフラーが下ろせます。

R1002646.jpg
マフラーを下ろすと大アームとスイングアームを結合しているボルトが出てきます。ここはナットを使っておらず、大アームに切ってあるネジ山にボルトが締まる構造になっています。スイングアームに打ち込んであるブッシュがベアリングになっていて、ボルトをバカ締めすると動きが渋くなってしまうというすごいんだか分かりにくいんだかよく分からない構造です。

R1002647.jpg
抜けたボルトとブッシュ。ここはちょいちょいグリスを差してるのでドライになっていません。Oリングがはまってるボルトの頭に注意。この時点で大アームの終端はフリーになります。

R1002648.jpg
ベアリンググリスを差しときます。

R1002650.jpg
大アームと小アームを結合しているボルトナットを外します。

R1002651.jpg
大アームとリアサスシリンダーを結合しているボルトナットを外します。

R1002652.jpg
小アームとフレームを結合しているボルトナットを外します。
コレがえらい固い。手伝ってくれたおととさんとウンウンいいながら格闘しますが全然緩まない。最終的には1/2差込の
ソケットとスピナーハンドルで緩めました。普通のバイク人は1/2なんて持ってないんじゃないの?まあうちは3/4のハンドルありますけどね。ユンボ直すんじゃねえぞ…。

R1002656.jpg
大小アームが下りました。

R1002657.jpg
大アーム根元側は完全にドライになってしまっていました。多分二重構造になってるんでしょうが、パイプは完全に固着してます。とりあえず内側のパイプを洗浄してベアリンググリスを差します。

R1002658.jpg
暑いのでパークリがあっという間に蒸発してしまいます。グリスもユルッユルになってしまい、やりにくいことおびただしい。

R1002659.jpg
小アームとフレーム結合部はダストブーツ付きなのでいくらかマシな状態です。。グリスを保つ穴のようなものが見えます。こちらもドライの一歩手前。二重構造になっていてこの中に同じく穴が掘られた中子が通るんですが、中子の穴はだいぶ磨り減ってました。一応上下逆にして組みます。ここだけダストブーツがあるのでドラシャのようにグリスをテンコモリにして封入しました。本来なら大アームの二つ穴の部分もこんな感じに中子が取れるはずだったんですが…

R1002660.jpg
あとは逆の手順で組み立てておしまい。劇的な変化はありませんが、とりあえず給脂したという安心感があります。1年ぐらいもつかなあ。無理かなあ。

今後の課題は大アーム側の二つ穴の部分と小アームとフレーム結合部分。スイングアームのピボットはグリスニップルがありますし、大アームとスイングアームの結合部はOリングでグリスを封印できるようになっているためドライにはなりにくそう。
ところが問題の部分は重要な部分にもかかわらず素人目にもあんまりパッとしない作りです。この部分にニードルベアリングを仕込んだ御仁もいるようなので、同様の作業が必要になるかもしれません。ムヒョ。
スポンサーサイト
  1. 2011/08/15(月) 20:35:40|
  2. CB125T なおし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

おなおし II

さあて。今日も今日とてお直しだ。

タコメーターワイヤーがへし折れてしまったCBT。
R1001995.jpg
純正部品を取ったのだ。
R1001996.jpg
作業自体はなんていうことはないんですが。
ここのネジ。
R1001997.jpg
熱膨張でとんでもなく締まってる。のにプラスビス。
きゃぁあぁああぁああなめちゃうぅうううぅ

のでインパクトドライバーのご登場。
R1001998.jpg
キター!!なんとかゆるんだ。オソロシス。
R1001999.jpg
換えてえ…このネジもとっときゃよかった。
気休めにモリブデングリスを薄く塗って極力柔らか仕上げで締めときます。あとは上側をメータにねじ込んでおしまい。回転取り出し口のネジさえなめなければ簡単な作業です。なめてしまうと一気に「工事」という文字がちらつく面倒臭い作業になってしまうのだ…。

で。今日はもう一つメニューあり。
以前某所で某シャコタンさんにCBTを試乗してもらったときにこんなコメントを頂戴した。
>あ!ちょっとイメージより食いつきませんねえ。
>原付2種ということで、ディチューンしてるみたいです。
>しかし、ブレーキホースをステンメッシュに交換し、然るべきパッドに交換すれば無問題でしょう。

なるほどー。

と言っていたらおととさんが「マスターシリンダーを社外に換えるとこれまたイイよ」

おk

プアなブレーキを指して「止まらないなら止まれるスピードで走ればいいじゃない」という名言を残している純正原理主義者のmucchiさんですが、今回メーターワイヤーのついでに部品を取ったのだ。
R1002005.jpg
ブレーキホース下側の取り付けボルトを緩める。

R1002006.jpg
上側でミラーとクランプのネジを外してからブレーキ液を撒き散らさないようにピャっと外します。

R1002007.jpg
外れた純正マスターシリンダー一式。

R1002008.jpg
換わりに入るのはこれ。ブランドは純正と同じニッシン。リザーバが別のタイプなので純正臭さが崩れないか不安。なるべく地味なのを選びました。

R1002010.jpg
安直系カスタムパーツなので取り付けは簡単。ついてきたクランプ用の取り付けボルトがショボかったので純正を流用。だいたいなんで六角レンチのボルトなんだよ。

R1002011.jpg
下側も取り付け。最初ユルユルで乗っけてから位置を出しつつ本締めしてくといいよ。

R1002012.jpg
で、ブレーキ液を投入。レバーをピコピコやってエア抜きにかかりますが全然アブクが出ない。

R1002013.jpg
面倒臭いので注射器でキャリパーのエア抜き穴から押し込んでやった。

R1002015.jpg
つーかこのディスクどうよ。マスターシリンダーとかステンメッシュホースとか言う前に、もうちょっとマシなのにしたほうがいいんじゃねーの?

R1002016.jpg
パッドもあんまりあたってない。ペーパーで均してごまかしてみる…原因はやっぱりディスクだべなあ。マイクロメーター当ててみるか…

で、試乗がてら軽くお出かけ。
>ブレーキホースをステンメッシュに交換し、然るべきパッドに交換すれば無問題でしょう。
の「然るべきパッド」の部分がダメダメなので、効きそのものはしょっぱいままで、あんまり変化はありません。
「あんまり効いたら危ないんじゃないか」と申し上げておととさんに「そんなに甘いもんじゃない」といわれましたが握った途端にジャックナイフして乗員が吹っ飛ぶなんていうのとはまるっきり無縁。前転ブレーキとは程遠く、きわめて平和です。
ただタッチというか、効き方は少々よくなっておりまして若干かっちりとした感じ。ブレーキレバー根元のダイアルで効き具合というか、テコの具合を換えられるので乗りながらお好みのタッチに調整。
パッド(ヤフオクで600円)が残念なのかディスク(中国製一応純正部品)がアレなのか分かりませんが、然るべき物に換えればさらに感触はよくなるでしょう。ただ然るべき部品というのは概してエクスペンシヴでございまして、ざっかけなく言うとおあしがねえんだわ、と。

そんなこんなでchanch邸に到着。そしたらお留守。だいたいノーアポで突撃がデフォなので、予想の範囲内ではある。
じゃあブコフでもやしもんでも買って帰ろうかなあと思ったら、ご近所の某さんがなんかいじってたのでそっちに突撃。カワサキの650(当然復刻版じゃない方だ!)のオイル交換をしてみえたよ。近々ナンバーつくんだってよ!人のでも楽しみだね。

で。

アレコレお話してたらお持ちの一台を試乗させてもらえることになった。

コレ。
R1002017.jpg
YAMAHA RD400

一回りしましたが、これはいけません
脳から変な汁がドバドバでます。ヤマハさんマジパネェッス。加速Gマンセー。イヤァーン(錯乱)
昔の人羨ましすぐるぞ。畜生。

R1002018.jpg
運転台。
R1002019.jpg
2スト2気筒400ccハァハァ 置くところあれば(以下無限ループ)

後ろ髪引かれつつ帰ってきた。
R1002020.jpg
ミラーのマウント位置が変わり、全然見えなくなって閉口したのでオフセットさせて今の所の最終形態。

正直ニマンエン近くかける価値はあったのかといわれると有ったような無かったような…というのが率直な所。
感触はよくなったので、次回はディスクかパッドか、ダメな方を追求して真っ当にしてみたい考えです。


しかし油圧ディスクって本当に効くワァー
  1. 2010/10/10(日) 17:47:03|
  2. CB125T なおし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ブーレキパッド交換してから家庭ほもーん行くから

こないだ小排気量の時おととさんに「もうすぐ電車だよ!」といわれたのでちびTのブレーキパッドを交換する。
P1010683.jpg
ヤフオクで送料別途650円にて購入。信頼の台湾製。

車のパッド換えること考えればどうということは無い。ネジはきつくないし、泥まみれのホイールハウスに頭突っ込むこともないし。
P1010684.jpg
ボルトを一本引っこ抜いてキャリパーを跳ね上げます。

ディスクはホイール外さなくても作業できるからなお楽だ。
P1010685.jpg
裏側の押さえ板を外してからパッドの固定ピンを引き抜きます。

新旧パッド。
P1010686.jpg
まだ使えるとは思うけど半分以下かな…新品はアタリ面と角にヤスリを軽く当てとく。

逆の手順でサクサク組み立てます。
P1010687.jpg
…あ。バッドの地金、赤とか青とかショッキングピンクとかで塗っときゃよかった。

ところで。
コメントでチャリの写真うpというリクエストがあったので僭越ながら。
P1010699.jpg
泣く子も黙る地味ブランド、MARINのハードテイルタイプだ。ちなみにこちらも信頼の台湾製。
ガンメタと言うとカッコよく聞こえるが、実のところは路面色といっても差し支えない感じ。
林道駆け下りたら楽しいだろうなあ。登るときのことはあんまり考えたくないけど。

もっともインナーロー(一番軽いギア)にするとクマムシ並の速度ながらかなり急な坂でもモリモリ登ってしまいますが。
  1. 2010/08/28(土) 20:45:22|
  2. CB125T なおし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ありがとう 赤いきつね

さて。
この2日で距離がうっかり伸びてオイル予定交換距離を大幅に過ぎたちびT。
1,500kmでの交換を予定していましたが劣化の感触があまりなかったので距離を伸ばしてみたのです。
結果、さすがに熱くなってくるとタレるようになった。シフトの感触が悪くなるのと、若干メカノイズが大きくなってきたような。
まだいけるような気もしますが2,000km近くも走ったので交換します。

mucchi号はエンジン右翼側で軽いオイル下がりを起こしているようですがオイル量の減少は危惧したほどではなく、若干減りましたが2,000kmのあいだに補充はしなくてすみました。

今回とある神の厚意によりお安く入手できたスノコの赤いきつねことSNOCO RED FOX。10w-40の全合成油で、
熱くても安定しているのはさすがでした。

とその前に。
IMGP2027.jpg
ドロドロになった車を頭から水をかけてざぶざぶ洗います。
前フェンダーからタンクの裏までまんべんなく泥まみれになってまして、洗ってエア吹いてつやだしを塗るだけでぐったりしてしまいました。

で、オイルをドレン。ごたいめーん。
IMGP2031.jpg
冷間時に抜きましたが、粘度は結構残ってた。色はそれなりに黒くなってました。冷間ったって今日はぜんぜん冷じゃ無かったけどね。ラメがピカピカということも無く、ガソリンくさいということも無く、エンジンは健康げ。
新油は残ってた赤いきつねと在庫してるスノコミネラーレことSNOCO ULTRA20w-50を1:1で混ぜて投入。ちょうどぴったりの量が出来上がりました。赤いきつねが10w-40なので15w-45という奇抜な粘度(計算上はね)の半合成油が出来上がったわけです。

ついでに各部に給脂。チェーンとスイングアームのピボット他。スイングアームはグリスニップルがあるのだが…。
IMGP2028.jpg
右側はここまでやらないとグリスニップルが出てこない。どうよコレ?

今回は「オイル換えたよシール」の打刻をドイツ語にしてみました。桁区切りと日時もヨーロッパ風(ヨーロッパは桁区切りと小数点が日本と逆です。例:日1,500.00→欧1.500,00)。
IMGP2032.jpg
次の交換は15,000kmぐらいだーね。

新油は粘度が高いので温度が低い間はなんだか重ったるい。まあ暑いからいいけど、次は事前に10w-40を用意したい考え。
ある程度予想していましたが交換後も劇的な変化はありませんでした。RED FOXの持ちの良さを証明できたと思います。スノコのオイルは値段の割に高性能だ。
シフトタッチもよくなりましたが、前スプロケカバーを外した時にシフトペダルもグリスアップしたのでオイルだけが原因とは断定できません。

そのあとおととさんと一緒に自転車で走ってきた。膝大爆笑。カクカクです。オラもう駄目だ。
  1. 2010/07/19(月) 20:42:47|
  2. CB125T なおし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

まんずハア

ちびT買ったときにお店のお兄さんに言われたのさ。
「オイルは1,500kmぐらいで換えてくださいね…」

なーにをいってんのさ1,500kmでオイルが駄目になるってんなわきゃねえべよ オイル交換させて工賃稼ごうったって


ホントに怪しくなってきました
まだ1,200kmに届くか届かないかのホンダG2なんですが、へばったシェブロンが詰まってるみたいな感触がします。
フランス語でいうとル・大ダレってやつだ。
いやさ、1,500って言う数字は「持たなくはないけど早め早めの交換のほうが後々のためだよ」的なアレだと思ってたんさ。そしたらガチだったと。ちょっとたまげた。

びっくりしてるだけじゃしょうがないので交換します。弊社にはちびTに使えるような粘度のオイルが在庫してないのでchanch師のところに分けてもらいに行った。
R1001560.jpg
毎度おなじみスノコミネラーレ。mucchiさんが持ってるのは20w-50。夏場のCGとかにはいけるがちびTに入れるにはいくらなんでも固すぎる気がするのだ。

R1001557.jpg
そしてなぜか作業をお任せしてしまう。っつーか1,000kmで真っ黒だよ。ちびTでこれだとヤマハのフェーザー250とかどうだったんだべ…。

R1001558.jpg
あとは新油を1.4L入れておしまいでっす。

換えたら調子が戻った。やっぱりヘタってたんだよ。おそ露西亜。マメに換えるようにしよう。
とりあえずの問題は「餅売要らず」と讃えられるスノコミネラーレがどんだけ持つかだ。
2009年12月30日。距離10,085km。
  1. 2009/12/30(水) 22:15:15|
  2. CB125T なおし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ