日々の嘆き

ルノーとか以下略

グリスアップ

割と前、Chanch氏が遊びに来てくれた時下を覗いてキングピンにグリスニップルがついてるからちょいちょい差した方がいいよハンドル重いしって言ってたのを思い出した。
なんでもグリス切れるとハンドル重くなるらしい。実はタイヤを換えたらびっくりするほどハンドル軽くなったのでむしろこれ以上軽くなったら困るが、とはいえキングピンなんて大物がすり減りでもしたらたまらないから追加がてら差しといた。

グリスニップルがものすごい堆積物に埋まってた。よくこれで車検通ったな。
それもすごいがグリスニップルの規格って世界共通なんだね。共産時代のチェコスロバキアのグリスニップルにカインズホームで買ったグリスガンのノズルが普通に差さって普通に給脂できた。

ハンドルは特に軽くならなかった。RRなのでハンドルは軽いのだ。

あとこの車クラッチのレリーズベアリングにも給油できる構造らしい。カバー開けてアームの溝に10滴オイルたらせとかヘインズに書いてある。なんか恐ろしいんですけど。

カブもそうだがグリスニップルがついてると給脂さえきちんとしていれば割とトラブルフリーな経験があるのでお好みなのですが、逆に給脂しないとダメになるんじゃないかという恐怖もある。給紙して劇的に良くなっちゃうということはドライだった証拠でもあるので、変わらないぐらいがむしろ安心かもしれない。

オドメーターぶっ壊れてるんでわかんないけど納車して2,000キロぐらい乗ったかな。寝てたみたいだからそろそろ一回オイル換えとく?
スポンサーサイト
  1. 2017/10/11(水) 22:26:17|
  2. シュコダ120L
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0