日々の嘆き

シトローエンとかルノーとかvelosolexとかホンダとかヤマハとかチャリとかJAWAとかべスパとかとかとか

羞恥プレイ

某所で
>カメラ装着して走る姿もすごいそうで...
というご意見を頂いたので。

mucchiさん自作のカメラマウント。材料は0.8mmのボンデ鋼板。曲げただけだと強度が出ないので折って溶接してありますが、落車したときに曲がってくれるようにあまり強烈にはしていません。
もっとも取り付けボルトが普通のネジですからヘルメットの帽体いかんではそのままフランケンシュタイン状態になってしまう恐れがあります。アライの強度に賭けるしかないといったところですがヘルメットが壊れてネジが側頭部にめり込むほどの勢いでこけたらいずれ無事ではいられますまい。まず事故を起こさない方が大事だ。
R1001250.jpg
ホントは使わない時は外すのが正しいのですが面倒なのでついついつけっぱなしにしてしまう。
青いマルは緩衝材+スペーサー的な役割。
二個ある取り付けボルト穴の前側は長穴にして上下に降れるようにしてありますが、一番上げてちょうどいい位なのであんまり意味はありません。


R1001248.jpg
カメラを取り付けてみました。取り付けてるネジはハードオフで買ってきた三脚から採取。ボルトにプラ製の蝶ネジみたいなのがついていて、ダブルナットの要領で固定できる。
カメラのマイクには脱脂綿で風切音防止してありますがまだ不足。40km/hも出すとビュービュー言うのでさらにモハモハ的なものを追加する必要があります。
カメラはサンヨーのザクティ。びっくりするほど性能がいいわけでもなく、電池は持たないし、安い以外はあんまりとりえがないように思えますが、メットマウントとなるととにかく小さい必要があるのでこれを積極的に候補に入れる理由が出てくるわけです。
価格や画質を考えると現時点で(メットマウント用としては)最良の選択肢の一つかもしれない。
R1001249.jpg
これはかなり恥ずかしいです。液晶をたたんだ状態でも動いてくれればいいのですが、たたむと電源が切れてしまうのです。電池はせいぜい4-50分しか持たないので、たくさん撮るなら電池の予備を持つ必要があります。
スポンサーサイト
  1. 2009/10/10(土) 00:40:25|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ブワワワワッ

おととさんに「超高価なメモ撮り機」と揶揄されていたmucchiさんのコンデジことリコーのGX200が
ぶっ壊れました。写真は撮れるがメモリに書き込めないというフィルム切れのポラロイドみたいなザマに。
「さすがRICOHの初回ロットだ歪みねえな」というのが感想でもあるが


           ∧ ∧
          :(ノ∀;): 3週間以上かかるってさ…
           :(  )ヽ
           :<  >:

作業中にポケットから転げ落としたり、雨が降ってきて工具箱の中にあわてて避難させたりという
「現場監督」並みの扱いをしたのが悪かったような気もする。
直ってくるまでmucchiさんザクティで写真撮るしかない。もしくはベッサフレックスかさもなければゼンザブロニカといういささか切ない状況に。ブロニカのフィルムバックがそっくり6x6のCCDとコンピューターになってるのとかあったら超神なんだけどなあ。
  1. 2009/09/04(金) 16:12:43|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

りゃんこしんみん

なんとかまあ帰ってまいりました。日本っていいね。空港からのリムジンバスがぜんぜん揺れないもの。
3年とか駐在員で行ってる人は凄いと思う。10日だってやになっちゃうんだぜ?

そんなわけで写真など。

chochin.jpg
赤ちょうちんなのです。広角万歳。


obasan.jpg
手すりの向こうでは小母さんが地元方言で熱唱中です。


himawari.jpg
バスターミナルで何かに憑かれたかのようにひまわりの種を食べ続けるおねえさん(左)。

river.jpg
セピア色が良く似合うのです。

3rinzhe.jpg
自信に満ち溢れたデザインの三輪タクシー。中身はGZ125とかGN125のニセモノが多い。

majang.jpg
マージャンは中国が発祥アル。



仕事じゃなければそこそこ楽しいところなんだけどなあ


それから9月4日は環八お茶会の模様。関係各位は適宜参加されたし。mucchiさんはGSで参加の予定。
  1. 2008/10/02(木) 22:22:01|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

RICOH

デジカメの電池が死んであかんようになった。しかも撤退した京セラのだからもう買えねえよウワァァアン、
てなわけで秋葉原でパチモノを買うも1年持たずにまた充電できなくなりました。



嘆いてたらchanch大兄が哀れんで古いリコーのデジカメくれたわけだ。ありがたいことです。

にもかかわらずデジカメ狩っちゃった(テヘ
リコーが来月撤退しても大丈夫なように乾電池も使える仕様だ。あとは壊れさえしなければ10年だって持つお。無理か。無理だろうな。メディアの問題もあるしな。
  1. 2008/07/10(木) 13:38:09|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ソビエトカメラモロモロ

むかーしやってたソビエトカメラのブログの過去ログが出てきたので再録しますた。ご笑覧くださいまし。

---

ソビエトカメラのいいところはなんと言っても安いところだと思う。
あちきの腕では写りがどうとか生意気なことを言うレベルにも無いしね、と。
しかも悪いことに品物としてもみなそこはかとなく妙で集める楽しみも兼ね備えている訳で。
さらに車だのバイクと違って維持に税金がかからない。コレは素晴らしい。


で、気が付くとちょっと悪夢のような量が山のようにそろっているということになる。
これはヤバイ。たいへんよくない。
ロシアとかウクライナのセラーとeBayで取引するぐらいには問題のない英語力もあるため、
幾らでも集ってきてしまう。
eBayめぐりを始めるとマイケルジャクソンのショッピング状態になってしまう。ヤバイって。
ライカだのニコンだのが山ほどあればひと財産なのだが、手元にあるのはKMZとかBelomoとかリトカレノなので山ほどあったところでたいした金額にならない所もなんというか楽しいところであったりもしますのです。



あ、固定鏡胴のIndustar22が出てやんの。いいなあ。
  1. 2007/11/11(日) 00:30:03|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ