日々の嘆き

ルノーとか以下略

よのなかのうごき というか在庫整理の予感w

免許を取ったのは22歳の時で(教習期限切れぎりぎりで卒業して受験期限切れぎりぎりで受験して取得。このころから駄目人間だった)した。

それから10年、教習に行ってたときはマニュアルなんか絶対運転できない、しょうがないから軽にでも乗るんだぜ?とか思っていたわたくしですが何の因果かこんなになってしまいました。

ここまでマクラ。

最近世の中の動きが激しくて、そもそも某所からルノー9が来たあたりがブレークスルーと思われます。
せっかくきてもらったのに直してやれずかわいそうなのですが…
10年に渡りセローを酷使してきた某Tの字が突如BMWを購入。
その少しあとにおととさんのところにエクスが来て、
おいらがGSを買って、この辺まではまあ年あるいは月単位の動きなのでそんなでも無いけど…。
ちょっと間が開いたけどクサラブレークもきた。置くとこねえっつうの。
千葉の子連れ狼とのころはボクシーが新たに来るらしい。
そしてポーターがもらわれていった。
おととさんは町田の神からなんかもらってくるらしい。
さるお方はあれよあれよというまにCGをお求めになり、
おととさんのSRVは知らぬ間にセパハンになってた。

そんなある日。某所から電話。
「あのー、前欲しいって言ってた燭靴泙靴燭箸(文字化け)、出てきましたよ」



























アハハハハハハハ
スポンサーサイト
  1. 2007/11/30(金) 12:19:58|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あーうー

さて。
皆さんお楽しみの洋食・イン・チャイナのお時間です。

今日も懲りずにスパゲッティーを注文しましょう。

今日のオーダーは「スパゲティ・ボロネーゼ」
砕けた名前を言うとスパゲティミートソースってやつですね。
前回某省某市で酢豚スパを食らうに至ったオーダーです。
本物のスパゲティボロネーゼは日本でもそこそこの店に行かないとお目にかかれませんが、ここ中国広東省ではどうでしょう。



ミートソースとナポリタンを足して2で割らない感じのが出てきました。
茹でがゆるくてやわらかい以外は意外と普通です。やっぱりホテルのレストランはそこそこまともだな。チッ。

おまけでついてきたオニオンスープはあんまりおいしく無かったです。意外とか面白調理とかじゃなくて。

で、
スパを頂きながら何かを飲もうと思ってメニューを見てたら
「ボイルドコーラ ウィズ ジンジャー」
てのを発見。

コーラに燗つけるって。

話には聞いたことあるけど…。


これは頼まざるを得ない

来ました。カメラ持ってなかったから写真無いけど
細切りしょうがの入ったコーラが急須に入って宴会の鍋料理みたいなやつであぶられてます。

味は大体想像つきますが

案の定生姜湯



なにごとも経験だってこった。もう頼まないけど
  1. 2007/11/29(木) 21:54:44|
  2. 泣き言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いやはやなんとも

4日目にしてもう帰りたくなりました。
自分で言うのもなんですが打たれ弱いmucchiです。

前の職場はよかったなあ。給料クソみたいに安かったけど
出張も残業もなかったもんなあ。将来性も無かったけど。

まあいい。

某所でさるお方がCGをお求めになるかもしれないとか何とか。
CG125普及促進局上海支部としては全力でお勧めしたい考え。
アフターマーケットというか、純正部品にも事欠く現行車という珍しい車種ですが、なかなか面白いと思うのですよ。

一時期250に乗り換えようかとも思いましたが、思いとどまって乗ってて良かったと思います。や、250には250の面白さがあるとは思いますが。

免許とってでかいのにも乗ってみたいなあとは思うのですが、
コレで十分と思ってしまう俺ガイル。
このあいだおととさんのSRV250乗って「何だコリャ空飛ぶかも」と思ったので今400とか750乗ったら間違いなく死ぬる。多分その前に重くてひっくり返すと思います。
  1. 2007/11/27(火) 20:39:24|
  2. 泣き言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

イヤイヤイヤイヤ

昨日つまんねえところだとか言っておいてなんですが、

チャイナはパライソだな

いろいろ見たが、一番高かったのが某キャブオーバーの偉い人から「買ってきて!!」と頼まれた五羊本田CG125用のバッテリーですた。

いくらかは秘密です。心当たりのある人はガクブルしながら待っててください。ヒヒヒヒヒ。

oleo.jpg

チャイナでハケン。
ミント味のオレオ。日本にあるっけか?
  1. 2007/11/26(月) 18:48:05|
  2. ホンダ CG125
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ハイハイハイハイ

連休および日曜日を満喫してらっしゃる皆様、いかがお過ごしですか。
中国でお仕事なmucchiです。

まあいい。

こっちではオリンピックに向けて政府が必死になって「全国民草のお前ら行儀よくせえよキャンペーン」を展開してます。
タバコを捨てるなとかごみ捨てるなとか。

中国政府の強制能力を鑑みると2008年以降大陸人がみな紳士淑女になっちまわないかと不安にならなくもない。

それから、上海ってCG125(およびそのコピー)少ないのよ。GN(およびそのコピー)の方がおおいかな。
つーか市政府の規制で二輪はほかの都市と比べて少ないですねえ。

つまんねーところだ

某省某市とか某省某市のように怒涛のCG125(およびというか大部分はそのコピー)を見せてみろ!と申し上げたい。
最近VWサンタナも減ってきちゃったしねい>上海市

さて、めしでも食いにいくかね。
  1. 2007/11/25(日) 19:27:40|
  2. 泣き言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ハイハイハイ

ちょっくら中国行ってきます。
  1. 2007/11/24(土) 00:55:22|
  2. 泣き言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

レスなどどど

えー、間が空いてスミマセン。コメントいただいてたので全レスなどを試みてみる。

chanchさぬ>
>僕のゾルキのシャッター。誰か治して(ry
すんません無理ですorz 一回トライして華麗に轟沈しますた
>smena8Mは今でも欲しいです。
アレはまあまあ撮れますしねえ…なんだか不当に高くなっちゃったのが問題ですが。

城司氏>
>高いカメラ少数買って、あまつさえ使い切れない俺様が通りますよ。
まあ、実際のところベッサフレックス1台あれば困らない俺様も通りますよ。

ちうばんぜうさま>
無事おひきとりいただけてなによりです。
ただまあとにかく事故だけはお気をつけ下さい。アレで大きな事故起こしたらまず無事ではすまないと思いますので。
あと、オイルとLLCだけは換えた方がいいかもしれないです…。

GTOさま>
後期型BXの操作のしやすさは神レベルだと思います。
基本操車装置からクーラーヒーター、パワーウィンドウスイッチにいたるまでナイスな配置と操作系が妬ましいです。
前期型は面白いだけで実際は扱いにくいです…GSAよりはましだけど。
あ、12/8、カルフールらしいですよ?

  1. 2007/11/22(木) 09:26:37|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

さよなら

4年近くの間、貨物車兼近場のミニマムトランスポーターとして活躍してくれたマツダ・ニューポーターキャブと本日お別れをしました。

poter.jpg

在りし日(?)のおすがた。

今月車検が切れてしまうのでどうしようかなあ通そうかなあでも車4台はきついからなあ置き場もないし…
涙をのんで廃車にするようかと思っていたのですが、CG仲間でありキャブオーバー者のちうばんぜうさんが一度ご覧になりたいと仰せになったので、大試乗会となったのです。

ついでなので、車検に出してマフラー交換をしてもらったらなぜか排気が漏れるようになったBXのマフラーを補修しました。新しいパイプと古いパイプの相性がいまいちだったようで継ぎ目から少々の漏れ。そのへんに転がっていたアルミ板を巻きつけ、クランプで締め上げて終了。

同様になんだか漏れてるくさいGSも潜って確かめてみましたが、こちらはちょっとやそっとで直りそうもない感じ、ため息をついているとchanchさんがご到着になったのでそのまま車高を下げて見なかったことにしました。

その後BXでちうばんぜうさんをピックアップ。3人でポーター置き場へ。

氏はポーターを大変お気に召した様で、「ちうばんぜうさん乗ってくれないと廃車だよ?うふふふふ」的なことを申し上げたところそのまま乗って帰られました。


わずか4年にも満たない期間でしたが、小さなエンジンとボディで一生懸命走ってくれました。ウチに来てからの走行距離はおよそ一万キロ程度だと思います。主に近場への足でしたが、愛知までべスパを取りに行ったりしたこともありました。
非常に(自動車として)根源的な感じのする車で、荷物が載って、前後左右に進むだけ、他にはなーんもなし!という車両でした。
平成元年登録でしたので20年オチ近い古い車ですので捨ててしまうのは簡単なのですが、大事に使えばまだまだ走れます。捨ててしまえばそれこそゴミなので、よき次オーナーさんが見つかり、引き続き活躍の場が得られたということは車にとっても幸せなことと思います。

:試乗会を見守りに(?)来たchanch氏もポーターに試乗され、その勢いでBXにも試乗しましたが、かなりてこずられた様子ですた。ウインカーが自動復帰しないロッカースイッチになっただけで氏の操車手順がゲシュタルト崩壊を起こした感じでした。
*ゲシュタルト崩壊・生まれてから疑う事なく受け入れてきた周囲の環境や知識があり、ある時それらと全く違う世界を体験した場合、それまで持っていた自我、アイデンティティーの存在意義について、自らが立っていた土台そのものが崩される思いをする現象である。(wikiより)

BXはやっぱりいかんなあ、と思いました。マル。
  1. 2007/11/11(日) 20:26:41|
  2. マツダ ニューポーターキャブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ソビエトカメラモロモロ

むかーしやってたソビエトカメラのブログの過去ログが出てきたので再録しますた。ご笑覧くださいまし。

---

ソビエトカメラのいいところはなんと言っても安いところだと思う。
あちきの腕では写りがどうとか生意気なことを言うレベルにも無いしね、と。
しかも悪いことに品物としてもみなそこはかとなく妙で集める楽しみも兼ね備えている訳で。
さらに車だのバイクと違って維持に税金がかからない。コレは素晴らしい。


で、気が付くとちょっと悪夢のような量が山のようにそろっているということになる。
これはヤバイ。たいへんよくない。
ロシアとかウクライナのセラーとeBayで取引するぐらいには問題のない英語力もあるため、
幾らでも集ってきてしまう。
eBayめぐりを始めるとマイケルジャクソンのショッピング状態になってしまう。ヤバイって。
ライカだのニコンだのが山ほどあればひと財産なのだが、手元にあるのはKMZとかBelomoとかリトカレノなので山ほどあったところでたいした金額にならない所もなんというか楽しいところであったりもしますのです。



あ、固定鏡胴のIndustar22が出てやんの。いいなあ。
  1. 2007/11/11(日) 00:30:03|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

他に真似手がございません VILIAシリーズ

ソビエトカメラを製造者別に分ける時、そこに大きく二つの流れが出来てきます。

1:まじめ系
 金属で出来てて、マニア向けっぽい見るからに撮れそうなカメラ群(見掛け倒しなこともある)。常識的なデザイン多し。Zorki、Fed、Kiev系とか。
2:面白系
 ご家庭向けっぽい、カメラに詳しくなさそうな人でも何とか撮れそうな感じのグループ。プラスチックが多目かもしれない。「写るんです」っていうか、「写るだけなんです」っていうか、むしろ「まともに写りません」かもしれない。ときどき凄いのがあったりするので気が抜けないジャンルでもあります。
 LOMO、BeLomo系。

面白系の雄、BeLomoの製品は「さすが面白系!」とうなるようなデザインの物があります。AGAT18なんてのがその代表です。

agat18.jpg


どう見ても面白系です。本当にありがとうございました。

実際AGATは面白いカメラなんですが、同じBeLomo製品であるVILIAシリーズはどーしちゃったんだかデザインがなんというかゴニョゴニョゴニョ…
VILIAには自動機のVILIA AUTOとフル手動機のVILIAがあります。他にほとんど同じデザインのSILUET ELECTROもありますが、どれもどうということの無いデザインで、所有欲をそそりません。

vilia.jpg


ビリアオート。セレンの露出計で露出を自動化した逸品。ネガで撮る分には全く困らない。ポジはどうだか分らないけど…

sylet.jpg


シルエット・エレクトロ。見た目は一緒で露出計がCdsになった。こっちの方がいくらか精度が高そうです。同じCdsのSokol Automatが結構精度あるので、写りはともかくとして。


や、三種類とも買いましたけどね。


もっとも、全部売っちゃいました。結構いい値段で売れんのよこれが。
ちなみにどれもちゃんと動きますし、そこそこ撮れるんですがいかんせん外見がアレなのでいまいち愛せません。
ビリアオートとシルエットエレクトロは自動露出ですからピントを合わせて(目測だけど)シャッターを切るだけです。
レンズ脇のレバー型シャッターは面白いんですがとりたてて使いやすいというわけでもなく、撮っててもあんまり心躍るカメラではないわけで…。しかも少しくらいと(絞りを開くと)画像の周辺がじわじわと流れ出すし…。

いまはコシナのベッサLを持っていますので、ビリア系はもういいやってのが本音です。それをいっちゃソビエトカメラなんて使えないんですが。
  1. 2007/11/11(日) 00:19:12|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛と悲しみのアオブダイ Zorki-S

さて、親愛なるソビエト連邦カメラ部門は、戦前ライカにインスパイアされたのまネFedというカメラを作りました。
のちにこのFedの技術協力を受け、Zorkiというこれまたライカに良く似た(つーかまんまコピー)カメラの製造を開始します。Zorki-1と俗に言われるモデルです。

で。

親愛なるソビエト連邦カメラ部門同志はフラッシュ用のシンクロをそのZorkiに追加しようと考えた。
せっかくアクセサリーシューが付いてるんだから、外付けファインダーだけじゃもったいない、と。

で。

ここでおろしあイズム発動です。Zorkiの内部スペースを使ってシンクロを追加せず、腰上を安直に拡大してスペースを新たに作り出してしまいました。その結果
zorki.jpg


Zorki-S(左)。右はSのつかない素の初代Zorki。デコっぷりがご覧いただけると思います。

…。
アオブダイかマウンテンゴリラのようなオデコになってしまいました。あんまりいい格好ではないですね。
だからかどうかは知りませんが、このモデル、後継のZorki-2Sとともに不人気のようです。
中古市場で比較的良く見かける割には使っている人はあまり見ません。
まあZorkiをマジに使っている人自体あまりいないと思われますが、その辺は置いておいて。

ともかく、格好以外はZorkiとほぼ同じ=ライカと大体一緒(除く工作精度。ライカを使ったことが無いのでどのぐらい違うのかは分からない)ですので使い勝手は悪くなく、愛用してます。

Zorkiシリーズがライカの面影を残しているのは2番台まででZorki3からは「ライカっぽいカメラへと変わっていきます。
  1. 2007/11/11(日) 00:15:28|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛しの種子島 Smena

CMEHA8Mが人気ありますね。CMEHAってラテン文字でもキリル文字でも表記できて便利ね。ラテン表示だとSmena8Mね。
LC-Aはまあどうでもよかったのですが、Smena8Mは買いました。良く撮れるということだったので。実際良く撮れます。

ここまでマクラ。

今回のブツはそのSmena8Mの始祖、初代Smena。
smena.jpg


新旧スメナ。左が初代、右が8M。


さてこの初代Smena、自動的に動く部分というのはまるでありません。あえて言うならフィルムをギョリギョリと一枚分巻き上げるとそこで「自動的に巻き上げできなくなる」あたりです。
絞りピンとシャッタースピードの設定はもちろん手動、シャッターチャージも自分でやらなくてはならないため忘れると二重露光の憂き目にあいます。鉄砲で言ったら種子島みたいなもので。

ですがどうですか。デザインちょっと洒落てるでしょ。

レンズはルビテルシリーズについているT-22というのが付いてます。戦車みたいな名前ですね。
むかしソビエト時代の映画で「鬼戦車T-34」というなんともいえないしょっぱい映画があって好きだったんですが、関係ありません。
このカメラで写真を撮るとなんともいえない枯れた写り方をするんですが、これはカメラがそうなのか撮る人間の腕がヘボなのか、よくわからないところです。
特にカラーで撮ると薄ッ暗くて物悲しい写真が出来上がるんですわ。BGMはダミアの暗い日曜日。
  1. 2007/11/11(日) 00:13:39|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

でっかいどう Fed4

135フィルムのソビエトカメラには大きく分けて3つのグループがあると思われます。
・何かのコピー。コピー元はライカだったりコンタックスだったりリコーのなんちゃらだったりしますが、まあコピーか、それに小改造を加えた感じの物。おおむねまともな物が多いですがKIEV35aみたいな地雷もあるので気が抜けません。Zorki、Kiev、Fedの旧い奴等。
・ソビエトオリジナル。いろんな意味でソビエトイズムを思い知らされる逸品。面白カメラが多いが、なぜかBelomo製品が多いので切ない思いをすることも多いジャンル。代表的なものにAgat18,Smena8Mあたり。
・コピーから発展したもの。コピー製品からソビエト独自の進化を遂げたというか別の製品になった物。Zorki6はアレはライカコピーなのかといわれるとどうなんだろう。中身はライカっぽいけどねえ。

問題は最後のコピーから発展したものなんですが、なんつうかこう「変わり様によるぜ?」

というのは、Fedシリーズのケツから2番目のモデル、Fed4。
初代Fedはこんな感じ。
fed1.jpg


初代Fed。バルナックライカそのものですね。

fed2.jpg


Fed2。お気に入りの一台。ついているFedブランドの沈胴レンズ(Industarと思われ)は大変にシャープ。

2代目、Fed2。ファインダーを一つにまとめ、使いやすくしました。美しいバルナックライカの面影はほとんど残っていませんが、質実剛健な正常進化と申せましょう。

そしてFed4

fed4.jpg

Fed4。どうよコレ?

うわぁあぁああぁぁあ
何があったんだヨ!超でけえじゃねえか!そんでもってすげえ重いんですけど?
つーか、ブローニー判ですか?645ですか?個人的には6x6が好みなn(ry
実際のサイズはそれほどでかくないんですが、大きく見えるんですわ。カタマリ感があるっていうか、持ち重みがするっていうか。
同じライカコピーから出発したZorkiシリーズはあんなに完成されたフォルムになったのに、どうしてFedはこんなになっちゃったんだ。
まあスローシャッターは一軸式で入ってるし、セレンメーターもついてるけど、もうちょっと何とかならなかったのかい?
同じセレンメーターのついたKievシリーズ(コンタックス)もかなりヤバいデザインですが、あっちの方がもう少しましですぜ旦那。

ザリアの呪いかなんかですかね。

と、クソミソに罵りましたが接眼レンズ窓がゲジゲジでメガネにキズが入りそうなのを除けば結構使いやすいカメラです。後継機のFed5よりも作りがいい(Fed2の方がもっといいけど)のもいいです。
  1. 2007/11/11(日) 00:12:10|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ザリアの謎




ザリア。レンズはノブつきのIndustar-26m。オリジナルで付いてくるのはノブなしの26mの筈。


えー、ザリアというカメラがございます。私持ってます。

ご多分に漏れずソビエト製フルマニュアルカメラなんですが、距離計が無いんですよ。目測ピント機。その代わり50mm用のファインダーがちょこんと付いてて、なかなかイカシたデザインです。
まあ写真機としての仕組みというか方式というかとしては「撮りっきりコニカ」あたりと大して変わらないわけです。
違うのはベースがライカのコピーから出発したあたりで。
もともとは立派な距離計が付いていたFED2から距離計を取り去って、ついでにセルフタイマーも取り去って、でもアイレットは残っててエライという清貧仕様なのです。
ただ、元になったFED2なんですが、これがソビエト製ライカコピー系列写真機としてはあんまり小さくないというか、巨大化の序章みたいなカメラなのね。
つまりその巨大化プロローグカメラから距離計を取ったところで

大して小さくないしそれほど軽くも無い

訳です。
じゃあ、何のためにこのカメラを作ったのか?
それでもファインダーすらないベッサLと同じぐらいなんですが、KMZの初代Zorkiよりでかい。なぜこんなことになっているのか。
・純粋にコストダウンのためだけに距離計を取り去った。
・軽くてコンパクトなカメラを作ろうと思ったが、全く新規に開発せず(できず?)FED2マイナス便利機能という設計をしたため、それほどコンパクトに出来ず、華麗に失敗。
・軽くてコンパクトなカメラを作ろうと思い、FED2からいろいろ取り去ってザリアが出来た。こんなもんでよかんべ。超満足。
・「故障を無くすには壊れそうな機能を盛り込まなきゃいいんじゃね?俺超頭良くね?」とにかく故障の少ないカメラを作ろうと思ったらザリアが出来てしまった。

まあ真相はどうでもいいのですが、

確かにデザインはイカすけど小さくも軽くも無い上に便利機能が一切無いコイツはどう使ったらいいのか

という問題が急浮上してくるわけです。
普通の神経の持ち主なら広角レンズをつけてまあ目測だよね、となるのですが、ザリアはファインダーが50mmなので、広角レンズをつけると外付けファインダーをつけなきゃならない。
そうするとまあなんていうか後付感というかありていに言うと邪魔だよ、と。
とてもmixiのザリアコミュにいる人間とは思えない発言ですが、どうしても鬼っ子っぽいザリアを漢らしくつかうにはどうすればいいか。あれこれ考えましたが、結局のところ

つるしのまま使う

のが一番よろしいんじゃないかという結論に至ってます。シャッターがセルフコックになってる分だけスメナ8Mよりかは高機能?みたいな?
  1. 2007/11/11(日) 00:05:00|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

50mmボーイ、広角を買う


多分写真が好きというより中古のカメラが好きなヘタレです。こんにちは。

さて、そんなわけで私は50mmが好きです。別に50mmの画角が特に好きとかそういうわけではどうもないようで、最初っから着いてる「つるし感」が好きな感じです。

そんなわたくしですが一念発起しまして広角レンズを買いました。
Jupiter-12とOrion15。当然必要になってくるファインダーはターレットファインダーで使いまわせるようにしました。


広いよすげえ広いよ


何撮っていいか分からないぐらい広いですorz
Jupiter12は35mmですからコンパクトカメラなんかに良くある画角のはずですが、それでも広くてなんか落ち着かないです。
50mmと違ってどうやって撮りたいものをファインダーの中に収めるか考える必要が無いです。
いかん、こんなもん使ってたら人間駄目になる。
でも風景写真なんかの場合は広角の方がよさげな感じだねえ
  1. 2007/11/10(土) 23:58:10|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FBM続き

さて。
FBMでは色んな方にお目にかかれました。しょっちゅう会ってる方も、お久しぶりの方も、良く俺のこと覚えていてくださったなあという重鎮の方にも。

つーか「GSで来たんじゃないんですか…」と微妙にガッカリされました。すんません。次回はGSで行こうかな。

それまで残ってりゃの話だけどNE

そいからグランドで旧タイプのアンテナ衝動買いした。アンテナ基部の形状がDSみたいなヒンジになってる奴。「ここの形が熱いんだよ!」とototoさんに語って即座にバカにされる。それはそうとこんなもんどうやって取り付けるんだ。

内張り外さないと付かないよねえ…orz


さて、そんなこんなでお楽しみのジムカーナだ。カメラ構えて待ちます。カメラッたってスメナ8M(旧ソビエト製の面白カメラ)です。もう少しいいの持ってくりゃ良かった。でもフィルム入ってるのコレしかなかったんだよ。

そんな超個人的ハイライトなジムカーナですが、今回も面白かった。106とかで大真面目に走る人や2CVでひっくり返りそう(でも絶対にひっくり返らないのが2CVの凄いところだ)になって走る人、もはやFBM名物な改造AX(なんかマッドマックスに出てきそうな事になってる)で走る人もいました。沢山写真撮りましたよ。ははは。

ジムカーナの後、solexでぜいぜい言いながら山登ってたららじさんとyagiさん御一行を発見。ムリヤリソレックスの試乗をしてもらう。どーもすんません。久しぶりだというのに。FFWもまた行きたいねえ…。

その後2CVのクランクかけ競走を見て帰途に着いたわけですが、mucchiさん変なスイッチが入ってしまいました


2CVホスィ






もうこれ以上本当に置くとこ無ェっつってんだろうがよ…




でも欲しい。どなたか親切な方、余ってたら売って 安く譲って 下さい。



どっとはらい。
  1. 2007/11/02(金) 14:35:20|
  2. おでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ガソリン吊り上げてるファンド屋は市ね

ガソリンが高いですね。レギュラーで150円超えの日も近いとか。
そこでmucchiさん、無い知恵しぼって考えましたよ。どうしたらガソリン代をケチることができるかね。

で、一つの画期的な回答に達しました。



乗らない



凄い画期的。
確かに私は車好きですが首都高をぐるぐる回るとかそういう趣味はありませんので、年に1回のFBMと年に2回ずつのFFEと環八お茶会、あとは時々出かければそれでおkな訳です。ケーヨーデーツーとかカインズホームもCGに箱つけたおかげで燃費のよい二輪で行くことができるようになりました。

にもかかわらず車が3台もあるってのはどういう了見だ。
BXとかプロパン車に改造できないかなあ…。
  1. 2007/11/01(木) 15:35:08|
  2. ヨタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1