日々の嘆き

シトローエンとかルノーとかvelosolexとかホンダとかヤマハとかチャリとかJAWAとかべスパとかとかとか

メンテオフ

ローマックスヤバイ。マジヤバイ。パネェッス。

ローマックスが何か分からない人はググってみてください。

さて。先の土日はTらさんちでメンテオフということでセントラーレ地方へお出かけだ。
土曜の6時に出て10時少し過ぎに愛知某所に着いた。まあまあのペースじゃない?

今日のメニューはルノーエクスプレスのメゲた腰上をまともなのに乗っけかえるのだという。
メンテっつーか重整備じゃんよという声が聞こえてきそうですが、まあそこはそれ。

オーナーさんも含め皆さんが真面目に取り組む中、mucchiさんはおでんを呼ばれたり
T井さんにDSのルーフフレームの錆びについておどかされたり、パナールのヤヴァいのの写真を見せてもらったり、
アダルティーかつエクスクルーシヴな時間をすごしてました。すみません。

で。

今回勉強になったこと。。
ラジエーターの漏れ止めは使わない方が良さげ。
件のエクスはヘッドの合わせ目からオイルが漏れてたんですが、案の定ヘッドの当たり面がいがんでたと言う。
腰下の方ではライナー(ルノーのエンジンはウェットライナー方式なのだ)の周りにラジエーターの
漏れ止め剤と思われるガリガリのスラッジが詰まってた。つまり水が上まで回ってなかった訳で、でも
水温自体は普通なのでOHの警告は出ない。結果ヘッドがゆがんで…ということなんジャマイカ。

ルノーのクランク角センサーヤヴァイ。
腰上交換したらクランク角センサーが死んだでござるの巻。自分でも何言ってるか良く判んないが、
とにかくTDCセンサーがポックリしてしまうのだ。GSAもTDCセンサーで不動になったし、R9もエクスと同じ点火系だから
俺も部品取っておこう。いつ死んでもおかしくないと思うのね。

調子の良いインジェクションはやはりネ申。
いいなあ…。

オート三輪は前にナンバー必要ない。
つーか一枚しか交付されないらしいよ。

C型1400ccはドリンクホルダーにちょうどいいサイズ。
クランクシャフトのプーリーまわすと缶がピョコピョコして面白い。
167324_128579283876667_100001737877287_163248_1380171_n.jpg


まあともかくローマックスはすばらしかった。人生初のオープンカー運転経験が2CVベースの三輪車って
ちょっとすごいかもしれないけど、ローマックス乗らなかったら人生初のオープンカー運転経験はたぶん
バモスだったような気もするので、それはそれですごい気が。

ともあれみなさま、ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/24(月) 21:32:49|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

photos

Photos of gauges.

Original speedo frontside view
R1002294.jpg

Original speedo backside view
R1002298.jpg

Original speedo backside vies
R1002300.jpg

Revolution counter frontside view
R1002287.jpg

Revolution counter backide view
R1002285.jpg

Revolution counter backside view
R1002286.jpg

Outershell for gauges. Made by Jaeger.
R1002292.jpg
  1. 2011/01/16(日) 16:15:57|
  2. ルノー R9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

エエエェェェ(´д`)ェェェエエエ

Aメカは現在ダッシュボードを絶賛分解中。

>ハザード、ブロワファン等のスイッチは配線がわからなくならないように
>一度はずしたらすぐ接続しなおして裏のほうにおいておきます。
>灰皿上の小物入れはスピーカーカバーを取るとナットがあります。

>と、ここで欠品部品がありました。
>写真真ん中くらいにある空調レバーがまったく機能していません。
>ワイヤーがありませんでした。
>レバーが3つありますが左上が吹き出し方向(上下)右上が風量調節

>ワイヤーがありませんでした。








何でそんな部品が無くなるんだェ…
  1. 2011/01/14(金) 18:16:06|
  2. シトローエン DSuper
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒヴァーナ

Aメカとやりとりしてたーよ。

>> ポイントは平気げですか?

>ポイントは使ってないみたいです。なんか純正ではないデスビがついてます。
>壊れたときのことを考えてポイント、コンデンサ等とって置いたほうがいいかも
>しれません。

>なんか純正ではないデスビがついてます。

>なんか純正ではないデスビがついてます。

なん…だと…?


てえことは、日本に入れた時のオーナーさんが換えたってことかね。その次の人は納屋で寝かしてた的な
話を聞いた。その次は埼玉の車屋さんのヤードだからな。
書類で見たら初年度登録が平成3年ぐらい前だったような記憶があるのだ。

並行で入ってきた→欠品、要交換部品だらけ→当時は純正部品が手に入りにくかった→ポイント減ってるけど取れない→代用品でデスビごと行っちゃえ

こんな感じか。
純正互換のを取るか、123(ニューテクノロジーな新型点火装置。ロータスの表計算ソフトにあらず)にするか。今の非純正のデスビのポイントとか出るのか?

今の気分
20110107162106_00001.jpg
こんなかんじ。

ところで、万年筆のインク補充(ポンプ式)で手を汚さないコツをご存知の方がいたら教えてください。
なぜか必ず指を汚すんだよなあ。
  1. 2011/01/07(金) 20:54:48|
  2. シトローエン DSuper
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Photos.

IMGP2133.jpg
withbx.jpg
R1002246.jpg
R1002247.jpg
R1002248.jpg
R1002228.jpg
R1002225.jpg
R1002226.jpg
ルノー9
いなかみち
1.jpg
三台串刺し(意味不明)
  1. 2011/01/06(木) 18:09:19|
  2. ルノー R9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

メルハバ!

トルコ語むずかしいわー。

IMGP2133.jpg
  1. 2011/01/04(火) 17:26:19|
  2. ルノー R9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ルノー9 つづき

かつてないツヤツヤ具合で復活したルノー9。初めての方もいらっしゃると思いますので軽くご紹介など。

弊社R9は初年度登録は昭和62年11月。1987年です。寸法は長さ408cm、幅165cm、高さ140cm。重量は860kg(いずれも車検証より)。グレードは"TSE"で1.4LのC型エンジンを積んで出力は72馬力。ギアは前進5速、後退1速。
R1002248.jpg
フォグランプはデザイン的にはお好みじゃないが、霧の奥多摩周遊道路とかで役に立ちそうなのではずさないであります。

withbx.jpg
塗りなおす前、当時いたボビンBXと。だいたい同じ車格ですが、BXの方がちょっと大きい。

R1002246.jpg
とあるところで「子供が図工の時間に描きそうな車」という評をいただいた。まさにそんな感じ。

R1002247.jpg
テールランプの小ささとデザインがいかにも古いヨーロッパ車してます。横から照らすナンバー灯はノンオリジナル。元に戻したいしダサいし!
ブートリッドはライトとナンバーの付いているガーニッシュを残して開きます。特に使いやすくも使いにくくもないですが容量と形はまあまあ。当然車内からは開けられない。

R1002230.jpg
前席。モノレールのような土台に載っています。カタログ曰く後席乗客が前席の下に脚を入れられるようになっているとか。
シートはフカフカ。かたちも絶妙で、おととさん曰く「レンゲ椅子」。残念ながら運転席がヘタリ気味。

R1002229.jpg
たっぷりした後席。オプションでもヘッドレストが無いのが痛い。

R1002228.jpg
いつ見ても地味な運転台。ステアリング中央のパッド的な部分はかなりナナメです。
キャブ車なのでチョークノブが見えます。ちなみに冷間時の始動性はあんまり良くない。
革のステアリングカバーはノンオリジナル。

R1002236.jpg
メーターパネルアップ。左側スピードメーターはノンオリジナル。右側は針が劣化して残念なことになってしまったタコメーター。超不動。動かざること山の如し。
中央上側にあるウインカーのインジケーターは両矢印がいっぺんに点くのでウインカーが出ているのは判りますがどっちに出ているのかは判りません。不便?スイッチ入れたの自分でしょ?自分で操作しといてどっちに出てるか判らないってことは無いんじゃないの?という仕様。

R1002235.jpg
前進五段のギアボックスを装備。リバースはギアノブの輪っかをひっぱって左前。2速と3速がおいしい。
基本的にキャトルとかエクスと同じ系列のエンジンで、活発な印象を受けますがそれほど高回転型では
ないみたい。
全体的な乗り心地は良い部類に入りますが、おそらくコストダウンされてるんでしょう、ゴロゴロガタガタ感は
GSに比べると明らかに大きいです。GSとBXの差に近い感じ。

R1002241.jpg
パーキングブレーキは床からいきなり生えてます。センターコンソール的なものが無いので車内はミニバン的
開放感すら漂いますが、ちょっとした物置がないので不便と言えば不便かも。

R1002237.jpg
ミラーは手動。まあ普通。

R1002245.jpg
国際戦略車だった割にはホーンスイッチがウインカーレバーに仕込まれてたりてフランス的。
おなじみのライト消し忘れピヨピヨ警報も搭載。

R1002244.jpg
右側はワイパーのみ。どちらのレバーも'80年代的な、「ボキっ」という手ごたえ。ウインカーは自動復帰機能つきです。

R1002250.jpg
タイヤサイズは155/80R13。今回はブリジストンのスニーカーを履いてみました。

R1002253.jpg
ライトは黄色くしてあります。こういうところが大事なのよ。
この車両での最長走破記録はギザルノー会の岡崎でしかありませんが、もっと長距離も余裕でしょう。
燃費はかなりよさそう。所有しているオランダ版のカタログによると燃料タンクは47Lとしてありますから
かなり脚が長いと見てよいでしょう。


このルノー9、世界的には大成功を収めた車なんですが、日本国内ではさっぱりでした。「フランスっぽさ」がアピールし難く、性能的にも凡庸(これで220馬力とか出たら売れたかもしれない)で今で言う情緒的差別化が難しかったからでしょう。ブランド+ドイツ製品という情緒的差別化には好条件だったVWジェッタがR9とは比較にならない程売れたことからも、日本でガイシャが売れるにはエキゾチックな方が有利なんでしょうね。

  1. 2011/01/01(土) 18:22:34|
  2. ルノー R9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0