日々の嘆き

ルノーとか以下略

IYH

 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |   
   *     +   / /   
       ∧_∧ / /      DSuperナンバー付いたイヤッホオオオォオウ
      (´∀` / / +   
      ,-     f      
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――

スポンサーサイト
  1. 2011/03/31(木) 23:27:32|
  2. シトローエン DSuper
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アメホ

アメホからメールが来た。

ルノーの保険が期限近いから継続しろと云ふのである。R9を起こして間が無いが、
2CVから引き継いだ保険なので5月で切れてしまふのだ。

しかし思い起こせばこの保険、最初は赤いBXだつたんぢや無いだらうか。だとしたら契約期間の長いこつちの方を
DSuperに付けて、GSの保険をR9に引き継ぐべきだつた。そうすれば掛け金がもう少しばかり安くなつたかも知らん。
ああ失敗した失敗した。ショボーン。

駐車場は高くなるし、いさゝか困つているのです。お金が無いからちびTに乗らう。


業務連絡:
4月の初旬に予定してました小排気量友の会ですが、寒いのでもう少し延期します。桜も咲いてないし。
  1. 2011/03/29(火) 13:44:24|
  2. 泣き言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒヴァナ

D計劃はいよいよ大詰めらしい。

123イグニッションは無事点いたらしく。予備検もクリアしたそうで、Aメカが電話くれた。

「なんか排ガスヤバイって言ってたっけどうなりました?」
「いやー超OKっス」

なんか割合最近の規制値をクリアする成績だったらしいお。
点火系全新(コイル、プラグコード、123イグニッション、イリジウムプラグ)とキャブ調で
具合良くなったらしい。これは期待が高まりますのう。

4月初旬にはとりあえず直し完了の予定!手元にある抹消登録証明書の発行日が平成12年1月17日とあるから
11年ぶりの路上復帰ということになるわけだが。

今になってあのでかい車(しかも鼻先が長い)、おまけに右ハンドルを運転できるのか不安になってきた。
  1. 2011/03/23(水) 22:02:55|
  2. シトローエン DSuper
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タスケテー

こんなときになんですが、

2CVとGSが売れない。

誰か買ってー。おのおの25万円。
  1. 2011/03/18(金) 10:10:11|
  2. 泣き言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

123

原子炉はぶっちゃけどうなんだろう。なるべく客観的なニュースを選んで、後は数値を見てますが、正常化バイアスがかかるし、素人の俺がガイガーカウンターの数値なんか見たところでどうにもならないんだよね。

ところで、Aメカから123の搭載方法について、お問い合わせが来た。

コレって翻訳を載せると著作権問題とかに抵触するか?識者の意見を求む。
かなり直訳的です。ついでに取り付けに必要ないところも全部訳しました。

テクニカルデータ:123/DS
動作電圧:4.0-15.0ボルト
動作範囲:600から7000rpm
温度:-30から85度(摂氏)
コイル:標準コイル シトロエン純正に準ずる
配線:赤=+6Vまたは+12V
   黒=コイルの-

一部モデル名とスイッチモード表なので省略

重要:
123は純正互換コイルを対象に設計されています。ハイエナジーコイルは故障の原因になります。
装着前に説明書をお読みください。分かりにくい部分がある場合は詳しい人に聞いてください(訳注笑)。
安全に注意して作業してください。

ステップ1;静的点火時期を調べる
4速マニュアルまたはCマチ車:前ナンバープレートを外しクランク棒を装着します。
上記の代替手段あるいは5速車:左の前をジャッキアップして5速に入れます。こうする事によりタイヤを回すとエンジンが回転します。
古いデスビにおいて1番へのプラグコードの位置を記憶します。デスビキャップを外しエンジンを回転させ、ローターが1番の位置を指すようにします。
6mmのピンかドリルの刃をオルタネータマウントブラケット下、クラッチベルハウジング左側にあるタイミングホールに挿入します。エンジンを注意深く回転させ、ピンがフライホールに開けられた穴に位置にあわせます。
この状態でエンジンは静的タイミングポイント、1番シリンダーの圧縮上死点の近くにあります。
この状態は1971/7/1以前に製造されたエンジンではBTDC12度、以降のエンジンでは0度です。
ID/DSの1965以前のモデルではバッテリーのマイナス端子と123のハウジングを直結する必要があります。ハウジングにあるM5のネジ穴を使用します。
6mmの位置決めピンを抜いてください!

ステップ2へ。
(以降にTAとHY用の記述がありますが関係ないので割愛)

ステップ2:静的点火時期のマーク
細くて白いペンを使ってカムシャフトプーリーにタイミングスケール0度の合いマークをつけます。タイミングスケールがない場合は自分で作ってください。(タイミングスケールが何かが不明)
1971年以降のエンジンの場合クランクシャフトを12度後ろ(訳注:原文backwards。右なのか左なのか不明)に回します。カムシャフトプーリーの合いマークはタイミングスケール上で6度をさします(カムシャフトはクランクシャフトの半分の速度で回転するので、クランクシャフトの12度はカムシャフトの6度に対応します)

ステップ3:交換
最適な進角特性を選択するため、5mmの六角スパナで123ハウジング底面のプラグを外し、内部のローターリースイッチを操作します。
テクニカルデータをチェックしモードを正しく選択します。底面のプラグをしっかりと取り付けます。
ハイテンションコードを旧デスビキャップからはずし、デスビキャップもデスビから外します。
コイルからポイントワイヤ(訳注;なんだかわかりません)を外します。デスビ底部の固定ナットを緩め、旧デスビを引き抜きます。クランププレート(訳注:これも何のことだか判りません)を旧デスビから123に移植します。クランプをデスビがまわせる程度に軽く締め付けます。
123のからキャップを外し123を注意深く穴に入れ、ローターをドライブギアがかみ合い、デスビユニットがはまるまでまわします。
123のユニットを配線がいい塩梅に取れるようにまわします。
必要であればドライブギアを異なった回転位置に調節することができます。123を取り外し固定スプリングをドライブギアから注意深く外し、小さなポンチでピンをたたき出し、好みの位置に合わせます。

ステップ4:123の静的点火位置
図に従って赤い線をコイルのBAT-ターミナルにつなぎます。黒い線はつながないでください。
イグニッションをONにします。
123のハウジングをゆっくりと、緑のLEDがつくまで反時計回りにまわします。LEDはローター下のアルミ板の4つの穴のうちの1つにあります。まわしている間、ドライブギアの遊びがないようにローターも反時計方向に押してください。
この位置で固定スタッドがクランププレートの調整穴の中央に来るようにクランププレートのカラーを調整し締結してください。最後に固定ナットを締め、123を電気的にも接地させます。
イグニッションをOFFにしてください。

ステップ5:配線
図に従って黒い線をコイルのRUP-ターミナルにつなぎます。シリーズレジスターが取り付けられている場合、外さないでください!ハイテンコードをキャップに装着します。1番シリンダーのコードから、123のローターがさしている位置に接続します。時計回りに、ハイテンコードは点火時期のように1-3-4-2の順で装着します。コイルからキャップ中央へのハイテンコードも装着し、キャップをデスビに取り付けます。

赤と黒の線はハイテンコードや動作部品から離してタイラップなどで固定してください。
V-オプションつきの場合はバキュームホースを接続してください。

ステップ6:始動とテスト
ステップ2で挿入したピンは抜きましたか?
エンジンを始動します。作業に問題がなければ問題なく走行できるはずです。タイミングライトを使用すればより正確な調整を行えます。
クランププレートの調整穴が調節に有効です。

123をお楽しみください。

ヒント:
-エンジン回転中にハーネスを外さないでください。123の様なハイテクを使用している場合には好ましくありません。
-ポイント点火で使用されていた場合、赤いプラスチック、ソリッドコアのbougie-cord(訳注:商品名とおもわれます)は123と相性がよくないとの報告があります。この現象はこれらのケーブルが劣化していた場合123によるハイパワーを扱いきれないことによるとされています。
-カーボンコア シリコン bougie-cordsはよりよい選択といえます。
-怪しげなコイル:真っ黒で、過去何回ものオーバーヒートが疑われるようであれば、コイルを新しくしてください。今後オーバーヒートすることはありません…。
-予備のキャップやローターが必要な場合、以下の部品名で注文できます。

以下部品番号なので省略

大筋であってるとおもいます。
counter clockwiseは反時計回りでいいよな?ヘインズだとanticlockwiseって書いてあるよな。
  1. 2011/03/16(水) 22:32:37|
  2. シトローエン DSuper
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ぢしん

また揺れたべや…

なんだか揺れてるのが当たり前になってきたな。
静岡で揺れたらしい。皆様ご安全に。
  1. 2011/03/15(火) 22:43:30|
  2. 泣き言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハイマウント

皆様。コメントありがとうございます。

当日は会社での夜明かしを余儀なくされましたが、五体満足で帰ってまいりました。
個人的な被害と致しましてはメアリと205のミニカーが破損したのみです。

家の中でヘコんでてもしょうがないのでR9にハイマウントをつけようと思い、
かつてBXにつけていた古い電球式のハイマウントストップランプに在庫してあったLEDドライビングランプを
移植しました。



材料不足でテールから電気が取れませんでした。来週リベンジします。
  1. 2011/03/13(日) 20:28:05|
  2. ルノー R9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

じしん

無事です。
  1. 2011/03/11(金) 21:19:54|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

生存報告

クソ揺れました。
今のところ無事です。
  1. 2011/03/11(金) 16:49:07|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

燃費厨

R9の純然たる町乗り(ただし東京都多摩地区。都区内の渋滞は含まず)の燃費を算出してみた。
344.3km走って29.79L給油。大体同じぐらいの量入れたと思う。算出値は11.55757。1リッターあたり11.5km
走ったことになります。24年落ちのキャブ車としてはいい方なんじゃないだろうか。
燃料はハイオクなので高いが遊びで乗る程度だからそんなに負担ではない。1.4Lから72chをひり出すハイパワーエンジン(…なのか?)なので圧縮率も高いのだ。

ちなみに今までダントツで燃費がよかったのはニューポーターキャブ。高速走ると20km/L超えた。町乗りでも
15kmぐらい。
全体的に悪かったのがGSで、高速で11-12km。町乗りだと8ぐらい。
ムラっけがあったのがBX。19TRIは町乗りと高速で7km台から15kmオーバーと条件で大きく変わりました。


DSuperの燃費がどんなになるかが注目ですね。町乗りで7km台、高速乗って10kmをちょっと超えるぐらいかと予想してますがいかがなもんでしょう。考え甘い?
  1. 2011/03/08(火) 17:32:54|
  2. ルノー R9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

がっくし。

花粉がすごそうなので外に出たくない今日この頃。皆さんいかがお過ごしですか。

今日のメニューはR9のメーター直し。

R1002348.jpg
右が針が崩壊してしまったオリジナル。左は某国から来た中古。メーターコンソール総組で来たけど、OCSの荷扱いが悪くてバッキバキになってしまいそのまま使えない。Assyだったらポン付けだったのに。

どちらにしてもものすごく汚いので要清掃。
R1002349.jpg
バラバラにします

R1002350.jpg
パネル部は水拭きの後ワコーズで艶出ししてみる。機関部も掃除。

R1002352.jpg
針はドレメルにバフつけて磨いたあと蛍光オレンジで再塗装。

R1002353.jpg
針のセンターキャップも割れてたのでスーパーXで糊付けをこころみましたが、PPで出来てるらしくイマイチつかない。

ここまでやったのにケースの形が違って取り付けできず。
R1002355.jpg
まあ、ケースに穴あければいいんですけどね…

R1002358.jpg
メーターだらけ。問題なのはむしろタコメーターなのだが、コイツはまたハードルが高い。

R1002359.jpg
タコメーターを移植しようとしたらフィルム配線が崩壊しますた。勘弁してくれ。どうももともとダメだった所にこないだ投与した接点復活剤で止めをさしてしまったらしい。安易にケミカルに頼ってはいかんということだ。

PC用の細い電線かなにか買ってきて配線を新造する必要がありそうです。面倒臭いなあ!
窓は開かないし、スイッチのパネルは割れてるし、どうしたものか。
  1. 2011/03/06(日) 20:38:45|
  2. ルノー R9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

眠い。

さて。

R1002333.jpg
R9のワイパーの跡。花粉が積もってます。キャアアアア!!!

R1002336.jpg
プラグはBP6ESがついてた。ん?Rなし?

R1002335.jpg
ま、こんなもんでしょうか?

R1002337.jpg
ウォッシャーのパイプがガチガチで水が出ないぐらい硬い。新しいビニールチューブと交換する。
ノズルの向きも修正。

R1002331.jpg
見慣れたエンジンルーム。プジョーのDエンジンとルノーのCエンジンはずいぶん長いことお世話になってるなあ。

20110305(001).jpg
ノズルの修正でウォッシャータンクが空に。自動後退で購入。
  1. 2011/03/05(土) 16:13:25|
  2. ルノー R9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0