日々の嘆き

シトローエンとかルノーとかvelosolexとかホンダとかヤマハとかチャリとかJAWAとかべスパとかとかとか

FF幕張

FF幕張に行ってきました。

朝7時起床。同乗してくださるH氏がメガーヌでご登場。R9と入れ替えて発進。コンビニでカフェインを添加します。スヤスヤしちゃうとまずいので。

国立府中から中央道にのり、めったに来ない首都高を子リスのように震えながら幕張へ。
2時間はかかるだろうと思ってたんですが、1時間ちょっとで到着。首都高って意外と空いてるんだねェ。

IMGP2823.jpg
こういうまったりした雰囲気は久しぶりだぬ。寒いとか雨降りとかじゃないし。

写真は撮らなかったけどいろんな車が来てて良かったなあ。とある筋の方に見せていただいたディーゼルでマニュアルのC4ピカソがすばらしかった。

静かなんだろうなあ…いいなあ…
かなりプルプル来ました。ナントカルーフが日照りッぱなしといか眩しいというか、そんな感じなんじゃないかと思いましたが室内は非常に落ち着いた感じ。イスも昔のみたいに無闇に柔らかくはないけど好もしい。長距離はいいだろうなあ。こういうのにも乗ってみたいけど、気が付くと古いの買っちゃってるんだよな。解せぬ。

ほどなくおととさんがキャトルで登場。R4は「キャトル」っていうのにR9は断然「ルノー キュー」と発音したくなるんだよな。
XM(XmでなくXM)が来ててプルプルした。スバル360にもプルプルする。カタギのお客さんのカローラIIもかなりプルプルきました。なんにしてもあんまり近寄らないようにします。

とりとめのない話をして帰宅。皆様お疲れ様でした。どこかで見かけたらまた声かけてやってください。

それはそうと、R9が結構人気あった件。なんでみんなこんなマイナーな車知ってるんだよ。
スポンサーサイト
  1. 2011/11/27(日) 17:28:27|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

1972 シトローエン DSuper

TwitterでCBTR氏に「DSuperってなんなのさ?」って訊かれたので、まとめてみる。
自分でもよく知らなかったでよ。

IMGP9682.jpg
ぱっと見はDSです。ガタガタ説明するのも面倒臭いのでDSって言ってます。うちに来たときは既にバッヂが失われていましたが、DSuperという話だったのでDSuperでしょう。ブレーキ球ないし。
弊社で「レイノルズ本」と言っている二玄社の「シトロエン 革新への挑戦」によると、1967年に出現した1985ccのエンジンを積んだIDがその始まりらしい。69年に出てくるID20コンフォールがおそらく直系の先祖で、このときには既に猫目になってたはずです。DSuperの名前がついたのは70年。71年に5速ギアボックスがオプションで搭載可能になったそうです。
73年にDSuper5(2175cc)が出てくると素のSuperには5速のギアボックスは選べなくなったとしてあるのでmucchiさんのところに来たのは実にありがたいモデルだったわけですね。

Web上で発見した別のリソースによると右ハンドルモデルのSuperはブレーキがキノコなそうなので、ペダルだけキノコで回路はIDのままのようです。そもそもIDとDSのブレーキ回路の違いが良く分かりませんが、DSのはなんか荷重感知的なまねこ機構がついてるんだっけ?

総括するとmucchiさんとこの白い子は

ID20の後継型たるDSuperの右ハンドル版にオプションの5段ギアボックスをのっけた奴

なのです。
エンジンはDY2というやつらしい。91馬力だと。

余談ですがDSuper5について件のレイノルズ本では「115psの2175ccエンジンと5速トランスミッションを組み合わせた、最高速177km/hを誇る新型だ」と紹介してます。うちの白大福圏央道でゴニョゴニョでたからまあ充分なんじゃね?

  1. 2011/11/15(火) 22:15:37|
  2. シトローエン DSuper
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ポインター あるいは ニードル

土曜の夜、chanch師とおととさんがR9に乗ってちびTを回収に行ってくれたんですが、曰く「R9のスピードメーター針が動いてない」そうです。

どうも曲がった針が接地しちゃって引っかかってるらしい。

ウェーンどうしようといってたらchanch師がアレコレとヲクのリンクを送ってきてくれた。
「こんなメーカー違いのつかねーお」
と申し上げたら
「針だけ生かすんだよバーカバーカ」
との仰せ。



  ( ゚д゚ ) ガタッ
  .r   ヾ    その発想はなかった。
__|_| / ̄ ̄ ̄/_
  \/    /




さっそくAメカに連絡。「あるかもしんない」とのお返事を頂く。
同じVegliaだからひょっとしたらひょっとするかもしんない。うまくいったらR9のウンコ針とも
おさらばだ!
  1. 2011/11/14(月) 15:22:23|
  2. ルノー R9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

葛野川ダムの廃道

昨日、小排気量友の会であーるさんに連れて行ってもらった葛野川ダム。
ダム湖の奥のほうに橋がありました。
「あれ廃橋なんですよー」などと申し上げましたが、詳細がこちらのサイトのレポートに載っております。

松姫湖の廃隧道

葛野川ダム仮設道路2号トンネル(再訪編)

御用とお急ぎでない方はごらん頂くといろいろ興味深いかと。
  1. 2011/11/13(日) 10:56:06|
  2. 面白系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

小排気量友の会晩秋あるいは初冬でポン 山さいがねが

>2011/11/12 8:00
>晴れてよかった!予定通り催行デス。

>みなさまご安全に。

おめえがいちばんご安全に走れよ!!!
ホント済みません。面目なくてあわせる顔がない。

さて。
いろいろありましておいでいただけなくなってしまった方もいらっしゃいましたが、いつもどおりいつものあそこに集合で
ございます。

ご参加の皆様
REIさん@TL125
sekiさん@タイカブ改
アールさん@カブ改
chanchさん@CG125
Tの字氏@セロー
ototoさん@SRV
mucchi@CB125T

粛々と出発。青梅街道を一路奥多摩へ。
IMGP2745.jpg
途中奥多摩の大麦代?だっけ?の駐車場でトイレ休憩。
休憩してたらなんだったか、ものすごいタペット音のオフ車が入ってきた。みんな気になってたはずだ!

一息ついたら丹波山方面に向かいます。
紅葉がきれいだが、今日は四輪車が多い。

それでもそれなりに気持ちよく走ってたばやまの道の駅に到着。
IMGP2747.jpg
総勢7台。

で、ここに来たらコレを食わないとな。
IMGP2749.jpg
わさびカレー。
アールさんが「おふっ」とか言ってる。相変わらず鼻に来る味というか辛さというか。皆さんむせがちです。いやははは。
食後にだいこんとゆべし買ったわ。

イイデスネー
IMGP2750.jpg

しかるのち丹波山から松姫峠に抜けます。今日は昨日の雨のせいか路面が全般的に濡れてる。しかも落ち葉がもっさり
つもってて心細いことおびただしい。

IMGP2753.jpg
松姫峠に到着。sekiさんと、「葉っぱ滑りますよね…」と確認しあう(笑)
トイレ休憩の後、アールさんに葛野川だむに連れて行ってもらった。
IMGP2755.jpg
IMGP2757.jpg
イイトコデスネー  寒いけど。凄い寒いけど。
ダムに作りつけられてるものすごい長い階段状階段(なんていったらいいか分からないけどこうしか言いようがない)を見て皆でひとしきり笑った後山を下ります。
猿橋から中央道側道に入って上野原方面へ。
なんていうか、ここんところ四輪ばっかりだったからかなあ、いまいち乗れてない(謎)感じがするな。
名所は押さえとかなきゃなということで、元高速で大休止。

ここでREIさんの新兵器、TL125に試乗させてもらう。見てくれが綺麗だから「綺麗じゃないですかー」と申し上げた所「磨くのが大変だったんですYO!」と仰られた。なんでもまんべんなく鳥のフンが乗っかってたそうで。
アクが強いのかと思ったらいい意味で意外と普通。確かに1速は凄く低い。4速+スーパーローという表現がうなずける感じ。
舗装路も走ったが、圧倒的なのはやっぱり不整地だ。エンジンの反応が凄くいいのでちょっと慣れが必要だけど、これでフラットダートとかゲロ道とか走ったらかなりめくるめくだろうな。

どさくさまぎれにセロー号も乗せて貰った。やっぱり良いな。いつか欲しい。

アールさんとはここでお別れ。
上野原から脇に折れて和田峠に向かいます。


途中後ろが千切れた。
後から追いついてきた皆の意見を総合すると、対向から来た郵便配達カブの運転手さんが手を振ったという。


ひろしまさんじゃね?


なんと。郵便カブは気づいたけど、そこまでは気づかなかったよ。気づいたらUターンして追いかけたけど、多分追いかけても追いつかなかったんじゃないかと思う。なんていうか、ひろしまさんの背中には永遠に追いつかないんじゃないかというイメージが。

などと言っていたら

mucchiさんまたコケました。


しかもなんにもないまっすぐな所で。
前が枯葉マーク?の遅い車だったんで、後ろをノロノロくっついて走ってました。特に遅くていらいらしてたとかそういうこともなく、淡々と後を追っていたつもりだったんですが急に右折のウインカーを上げたので「おっと☆」とかいいながら前ブレーキを握ったらそのまま前が滑ってひっくり返りました。自分でも訳が分かりません。後ろの人たちはもっとびっくりしたと思いますが…。そりゃ何にもないところでいきなりコケるってなあ。

口の中に固いものがあってアー歯ァ折れちゃったよちっくしょう…などと割と冷静なつもりでしたがかなり混乱してたようです。
倒れた車をそのままにして無意識のうちに歩道によけたのはさすがというかなんというかだ。
それからのことはなんだか良く覚えてませんが血の混じった唾を吐きながら「目が見えない…」とか言ってたので皆さんを驚かしてしまいました。
運転できそうになかったので車を置いてTの字氏に二ケツで搬送してもらい、帰宅後すぐに近くの脳外科でCTスキャンとレントゲンのフルコース。そののち歯の応急手当を済ませました。 ←いまここ

皆さん。ヘルメットはフルフェイスがいいよ。マジで。できたらアライかショウエイな。ジェッペルで顔から落ちたけど、バイザーで助かったんだぜ?安物メットのバイザーだったら砕けてもっと悲惨なことになってたかもしれん…。


皆様ありがとうございました。迷惑をおかけし大変申し訳ありません。歯は折れましたがとても楽しかったです。車とか怪我はともかく、面目なくて再起不能なぐらい凹んでます。以上のような訳でとりあえず生きております。まずは取り急ぎお詫びとお礼まで。

P1020955.jpg
夜になっておととさんが撮ってきてくれた現場写真。_(:з」∠)_
  1. 2011/11/12(土) 21:49:52|
  2. 小排気量友の会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

小排気量友の会 最終のご案内

明日12日は朝から土砂降りでもない限り催行の予定です。怪しい場合は8:00の段階で判断いたします。

2011/11/12 8:00
晴れてよかった!予定通り催行デス。

みなさまご安全に。

参加ご予定の皆様
REIさん
アールさん
chanchさん
sekiさん
Tの字さん
ototoさん

mucchi


はしりとうございます。

最新の日記の投稿は次項以下です

諸般の事情によりルートを変更いたします。


小排気量友の会晩秋あるいは初冬でポン 山さいがねが

日時:2011年11月12日 土曜日 
集合:JR青梅線東青梅駅ローターリー(いつものところです) 午前10:00
予定ルート
東青梅→青梅街道→道の駅たばや(大休止)→18号→139号松姫峠→ダム(小休止)猿橋→野田尻→旧中央道(大休止)→上野原→甲武トンネル→桧原村→五日市のバイゴー(解散)
予想走行距離145km程度。


大きな地図で見る

一応の予定ですのでご意見のある方はご連絡ください。フレキシブルに変更いたします。

参加資格
小排気量が好きな方。
使用燃料、過給の有無を問わず実効排気量200cc未満のエンジンを走行用動力とするモーターサイクルを保有あるいは使用する方。
上記以外で客分として招聘召集されあるいは客分を自称し参加を希望される方。

持ち物:
小排気量モーターサイクル
ヘルメットおよび普通自動二輪運転免許教習時に準じた服装
免許証
ガソリンおよび必要な方は2ストオイル
必要な方は予備部品、工具
おべんとう

距離を伸ばしました。ルートに道の駅を入れた関係上糧食の配給を取りやめます。
参加車種は特に縛りは設けませんが複数台数お持ちの方はなるべく笑える車両でご参加ください。
寒いので距離短めです。天気が良くて時間が余ったら宮ヶ瀬まで足を伸ばすのもいいかもしれません。

予想巡航速度は30km~70km毎時。mucchiはCB125Tで参加します。
  1. 2011/11/12(土) 11:00:00|
  2. 小排気量友の会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

雨に歌えばポッポルヌー

どよーび。
DSuperをいそいそ磨く。室内も掃除して、机とイスとコンロとヤカンそのたもろもろもって環八へ。
夜なので写真はないけどいつもの面々(謎笑)が集まった。

弊社DSuperは今回が環八デビューだったのでいろんな方にマンセーしていただいた。何人かの方には試乗もしてもらって
よかったよかった。

ところでストールというかエリマキ忘れてったのは誰?預かってますので次回お会いする機会にはお返しします。

ワタクシもNボリ号に乗せて貰った。右ハンなのが同じだけでインジェクションでハイドロシフトのパラスだ。
インジェクションとキャブの違いだと思いますが、エンジンの回り方がやっぱり違うね。なんていったらいいのかなあ。
滑らかというか、おとなしいというのとも違う。
ハイドロシフト面白いよハイドロシフト ペロペロ。

オダンゴよばれたりしてすっかりご馳走になってしまった。雨が降ってなかったらもうすこしまじめにお茶沸かしたんだけどな。

にちよーび。

今日はミニトレを磨くのだ。
軽く汚れを落として、ワックスかけた。ピカピカ。

しかしぱっと見はさっぱり綺麗にならない。あちこち点錆でてるからなあ。
R1002802.jpg
ついでにギアオイル換えとく。ウチに来てから一回も換えてないので。
結論から言えばまだ換える必要はなかったかも。それなりに汚れてたけど。

R1002803.jpg
使用量は0.5Lだぬ。スノコのレッドフォックス入れとく。
パークリで掃除。それなりにこざっぱりしたのでジョイ本がてらシャコタンファクトリーに行ってシャコタン号と並べて
皆に見せびらかそうと思ったら雨が降ってきた。ポッポルヌー!!
ただでさえ錆びてるので雨の中乗りたくない。ミニトレは仕舞って、DSuperに若干の悪さをしてたらototoさんがやってきた。

R1002806.jpg
キャトルはやっぱりかわいいな。
  1. 2011/11/06(日) 18:01:24|
  2. ミニトレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

タコメーターなし

今日は無事お休みを頂戴しまして。

この間フランスから送ってもらったR9のメーター。
もともとのはタコメーターつきだったが今回来たのは低グレード向けのタコなしモデル。
コネクタは同じだったが一応と思い回路を追いかけ、ヘインズの回路図と比較。結果コネクタに来てる
配線は同じことが分かったので取り付けてみました。

が、動かない。

テスター片手に車側のコネクターをチェックするとメーターへ来てる+の線がなぜか死んでた。
どういうことなの?
しょうがないからオーディオのACC線から線を引っ張ってきてコネクタの線と挿げ替えた。

各警告灯の動作チェック。貧乏ランプ(燃料警告灯)とパッド消耗警告灯は確認できなかったけど、一応大丈夫そう。
R1002799.jpg
しかしR9のスピードメーターの針がだめになってる確率は異常だ。このメーターの針も曲がりだしてる。
どこかメーターの針を綺麗に新造してくれる奇特な会社はないか?

調べてみて分かりましたが、R9の燃料計と水温計。三端子のメーターで、アースが一本、プラスが一本、センダーから来てるのが一本です。センダーなり水温センサーの抵抗値が変わることによって変化する電流だか電圧だかで二個のコイルの磁界を変化させて針を動かしているようです。

各警告灯は割合簡単なしくみで、プラス配線がメーター上の警告灯を経由し、警告対象のスイッチにより開閉されアースに落とされるようになってるようです。バッテリーの警告灯はプラスの線とオルタから来る線がつながってます。

もともとついていたメーターはイェーガーでしたが、今回輸入したVegliaのも問題なくつきました。メーターケーブルのコネクタは同じようです。
  1. 2011/11/03(木) 22:23:49|
  2. ルノー R9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

思えば遠くに来たもんだ

そういやさ。

こないだDS弄ってた時ね。ラチェットにエクステンションつけてプラグはずそうとしたのよ。DSのプラグってロッカーカバーのすんげえ奥にあるから。そしたらプラグのソケットとエクステンションがハンドルから外れてボトっておっこっちゃった。

10数年前にN増師匠にもらったTONEのハンドルなんだけど、磨り減っちゃったのか?こないだ買ったKOKENのハンドルだとしっかり食いつくので、原因はTONEだの。サンメカのラチェットが10年やそこらで磨り減るとは考えにくいので、今度具合をみてみるつもり。

しかし、自分で車直すようになって10年を過ぎたか。はじめはBXのATF交換だったな。LLC交換して、ATFのストレーナーに12時間かかって、オクトパス換えてあーだーこーだ。直し一発目がBXのタイベル交換だったGTOさんに比べれば変態度(失礼)は低い…と思いたい。
四輪と比べるとバイクの直しが楽すぎる(簡単という意味ではなく)ので最近ちょっと日和ってますが。

  1. 2011/11/01(火) 14:34:15|
  2. ヨタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0