日々の嘆き

シトローエンとかルノーとかvelosolexとかホンダとかヤマハとかチャリとかJAWAとかべスパとかとかとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

柑橘系

最近日記サボってていかんな。

どうせ台風だとおもって寝坊するつもりでいたらTの字から電話がかかってきた。
「ゆず買いがてらツーリングいかねえ?」
「今日台風だよムニャムニャ」
「超天気いいよ?」
「Tenk.jp見てみ?」
という
やり取りをしつつ出発決定。眠いので暑いシャワーを浴びて血圧を上げます。

台風来てるから蒸すね。汗だくになりながらJAWAを引き出す。
そのまま大和田から北大通りへ。陣場街道に抜けるが途中白バイの大群と遭遇、ガクブルする。

まずは陣場山の麓にある夕焼け小焼けの里のナントカという施設の直売所から。
R1003303.jpg
Tの字が狙ってるのは青いゆずの2級品なんだそうだ。ゆずこしょうを自作するんだそうで、
たくさん欲しいから安いのがいいんだと。残念ながら売ってませんでした。別の直売所を狙います。

そのまま和田峠を越える。折角大きいの乗ってるのに結局和田峠越えてる俺どれだけ和田峠好きなんだろう。
JAWAは2ストロークの350ccなので上りはまったく問題ない。ハイカーが多いのでゆっくり走りますが、
まったく痛痒を感じることなくモリモリ上っていきます。ただし煙がものすごいので要注意な。

問題は下りだ。何度も言いますがJAWAは混合なので、スロットルを閉じてしまうと潤滑も控えめになってしまう。
ちょっとぐらいなら大丈夫なんですが長い下り坂でスロットル全閉にしてスピード出てしまうのは不安だ。
ゆえに下りなのにスロットル開け気味にしてみたり、クラッチ切ってふかしたりいろいろ涙ぐましい
小技を繰り出しながら下ります。

ところで、こんな事を思い出した。TopGearというイギリスの自動車番組でジェームズ・メイっていう向こうの人が
やっぱり2ストロークの古いサーブを運転しながら「下りでアクセルとブレーキ同時踏みとか訳わかんねえだろ!」とか言ってたのね。
たしかに古いサーブは2ストのV型4気筒かなんかで、下りで潤滑の不安を抱えていたわけです。サーブはコレを解決するためにボタンだかレバーだかでエンジンと駆動系を一発で切り離す「フリーホイール」とかなんとかいう機構が入ってて、こいつをつかえば下りでエンジン回転がゴンゴン上がっちゃうことは無かったというのだ。

ひるがえって弊社638。そういう変態機構は備えていませんが、JAWAの暗黒面は別の解決方法を用意していたのかもしれない。
JAWA638のシフトは普通に1-N-2-3-4で、シフトレバーがキックレバーを兼ねているのと、シフト動作と連動する半自動クラッチが組み込まれている(カブと同じ動作をします)のと、ストロークが長いのとタッチが良くないの以外はいたって普通です。普通じゃないか。
ところが、運転してみると実際のシフトパターンは1-N-2-3-n-4で、3と4の間にちょっとだけニュートラルがある。
ちょっとだけニュートラルってなんだか意味不明ですが、きっちり操作すれば3から4にシフトできるんだけど、そーっとやったり、操作がいい加減だと3と4の間に宙ぶらりんになっちゃって接続しないのね。

ちびNと命名したこのシフト位置はJAWAのギアボックスがいい加減なんじゃなくて、意図して仕組まれている機構のようです。その証拠にシフトパターンを示しているステッカー上には3と4の間にNと同じ色で"-"が印刷されている。ただしこの位置でニュートラルのインジケーターは点燈しないのでN位置とは区別してあるらしい。
つまりこれはサーブのフリーホイールと同じ意味合いなんでは?3速と4速の間に設定してあるってのも意味深じゃん?

今まで深く考えてなかったが、今日はこいつを意識して使ってみた。そしたら割合いい感じなのね。
ちびNで下ってブレーキ、シフトを入れてカーブから脱出。どちらにしても下りで滑走しちゃうので不安は不安だが、ツーカムのドラムブレーキが結構良く効くのでよしとしとく。

いずれにしてもJAWA638は直線番長で狭い峠道をくるくる回るのはあんまり得意じゃない。楽しくなくはないけど
こいつの真価はだだっぴろいところをタラタラ飛ばすような時に発揮されるんじゃないか。

そんなことを考えながら峠を和田側に降りた先で即売所をあたるがここもゆずなし。
去年転んだ棡原の販売所、通称長生き村に立ち寄りましたがここにも置いてない。ですが青唐辛子が一袋テンコモリに入って安かったのでTの字狂喜してお買い上げ。
私も謎の瓜とオクラ、ピーマンを購入。ダンボールを貰ってお尻にくくりつけてTの字に配達バイクみたいだと指摘されます。何を言う、おしゃれじゃないか!

Tの字は小菅か周遊から奥多摩をまわって青梅に抜けよう、青梅にゆずあった気がする!と仰る。
mucchiさんはそれだと時間がかかりすぎる気がするので五日市から二ツ塚周りで青梅に行った方がよかねえかい、
と申し上げ、ついでに五日市の販売所にも行くことにした。

五日市の販売所にもゆずはなかった。代わりに小雨がぱらついてきた。ウェーン。
五日市ではなす買った。

天気がやばそうなのでそのまま道の駅滝山へ。
R1003305.jpg
そしたらここが大当たり。Tの字大喜びで買占める。

しかるのち地元のうどん屋「さくら」でひるめしを食う。名前が変わって咲楽とかなってしばらくたつが、味は変わらないので良かった。2玉は多すぎたな。もちゅもちゅ。
その後も軽めに降られつつ帰宅。

夜、風が吹き出したのでバイクと車のカバーををビニール紐で縛り上げた。何事もないといいなあー。
スポンサーサイト
  1. 2012/09/30(日) 23:27:00|
  2. JAWA 638 (JAWA 350)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ポッポルヌー

連休中日、ミニトレで散歩に出かけましたが降ったり止んだりでいささか消化不良。
夜、所用を片付けたところ晴れてたので深夜の散歩と洒落こもうとべスパを出して出かけた。

R1003297.jpg
出かけた途端に降ってきやがった。帰って寝た。

月曜日。連休最終日だ。
いいあんばいに青空だ。江戸の仇を長崎で。JAWAを引っ張り出してたら出してる最中にパラパラしだした。
しかし出かける。雰囲気的には本降りにならない!

まずは高幡不動にお参り。ムニャムニャしたあと進路をお山方面へ。
16号を越えて多摩川べりを通過。なんか左ピストンがカチャカチャ言ってる気もしなくも無いが(゚ε゚)キニシナイ!!

マフラーにもきっちり熱が行き渡り実に具合がよろしい。ブェンベンベン。
睦橋通りのいつものモービルで給油。7Lぐらい入った。

しかるのちJA秋川へ。
R1003298.jpg
とうもろこしとオクラとピマーンを買う。貰ったダンボールをシートにくくりつけたら乗るとき足を当てて
ひっくり返りそうになった。JAWAは背が高いのでまたぎにくいのです。

そのまま駅前から檜原街道へ。北谷と南谷どっちに行こうか散々迷いましたがたまには混んでるのもいいだろうと思って(謎)南谷に行ったら本当に混んでた。
しかも連休だというのにバイクの姿が少ない。天気悪いから皆山に来ないのかな…

都民まで行きましたが特にひろしまさんと遭遇することもなく、買いたいものもないのでそのまま戻ってきました。
R1003299.jpg
これから紅葉で混みだすんだろうなあ。ずっと北谷のターンだな。
JAWAさんは混合なので下り坂でスロットルを閉じて延々下りてしまうとエンジンの回転にかかわらずガスもろともオイルが少なくなってしまう。ゆえに下り坂でスロットル開という字面だけ見るとキチガイじみた操車で坂を下ります。

五日市まで下りたところで睦橋通りに入らずそのまま直進、かやくぼまわりでシャコタンファクトリーによってみようぜ!

ファクトリーはしまってましたが驟雨といい感じにエンカウントしました
カッパ出す暇もなくずぶぬれです。つくづく雨だなポッポルヌー!

そのまままた多摩川っぺりのグランド脇を通って帰ってきました。

R1003301.jpg
早いところキャリアつけないとな…
  1. 2012/09/17(月) 17:51:57|
  2. JAWA 638 (JAWA 350)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

おひるごはん

雨降りで出かけられないのでズックを洗って靴を4足磨いたらおなかがすいた。
お昼ごはんをつくるのだ。ダバイダバイダバイ!!

フライパンにごま油を多めにしいてベーコンとカリカリに焼きます。輪切りの乾燥唐辛子も一緒にいためます。
R1003284.jpg
フライパンの隙間を使ってぐしゃ玉を作り、トマトとゆでたオクラも入れて炒めます。

R1003285.jpg
野菜が炒まる寸前にそうめんをゆでます。ごく堅め。軽く芯が残ってるぐらい。

R1003286.jpg
そうめんを軽く洗ったら野菜と一緒にジャッと炒めます。味付けはしょうゆで適宜。

R1003288.jpg
盛りがイマイチさんですが焼きそうめん完成。かつぶしかけてもおいしいかも。

油がおおいので結構おなかにたまります。

空が明るくなったので午後から出かけたらものすごいゲリラ豪雨に見舞われました。
  1. 2012/09/02(日) 21:58:53|
  2. たべもののみもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0