日々の嘆き

シトローエンとかルノーとかvelosolexとかホンダとかヤマハとかチャリとかJAWAとかべスパとかとかとか

ピストンヌ 2

こんなコメントを頂戴した。
>新の左右では何g違うのですか?^^

ごもっともでございます。

まず新左。
R1004060.jpg
208g。

新右。
R1004061.jpg
207g。
1gしか違わない。新-新-で組めばまず問題ないでしょう。

旧左。
R1004062.jpg
219g。

旧右。
R1004063.jpg
214g。
こないだ計ったっつーの。古いピストンはスカートの切り欠きが大きいにもかかわらず(新旧で切り欠きが違うのも謎ですが)わずかながら重い。


そして先日まで使っていた組み合わせにおけるピストンAssy.の重さ。
右シリンダー分。ピストン、リング、ピストンピン、クリップ、コロ、コロ押さえのブッシュ。
R1004064.jpg
272g。

左シリンダー分。ピストン、リング、ピストンピン、クリップ、ニードルローラーベアリング。
R1004065.jpg
269g。

左右で3gの差しかない。これは誤差の範囲だろう。左右分の平均に対する割合は1%ちょっと。右シリンダーのカーボンを綺麗に落としたら0.1gぐらい減るかもしれないから、差はさらに縮まると思うデス。
重量差を0.1g単位で合わせてる御仁もいるようだが、mucchiさんはその辺頓着しないことにしておく。JAWAだし。

とりあえずはクランクが内燃機屋さんから戻ってくるのを待ちましょう。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/29(金) 23:17:48|
  2. JAWA 638 (JAWA 350)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピストンヌ

おととさんに言われて測ってみた。


旧左。アタリ痕付いてて交換したヤツ。純正。
R1004057.jpg

旧右。こないだまで使ってたやつ。純正。
R1004058.jpg

新左。こないだ交換して使ってたヤツ。ポーランド製リプロ部品。
R1004059.jpg


重さはそんなに違わないね。5gの差だ。
問題はこの差がOKなのかヤバいのかよく分からないあたりだ。

  1. 2013/03/25(月) 22:05:33|
  2. JAWA 638 (JAWA 350)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

牛歩戦術

のろのろと作業中です。

R1003948.jpg
クランクは内燃機屋さんで中央のベアリングとシールを交換してもらいたい考え。ベアリングはあんまり悪くなってる気はしないが、折角開けたので。

R1003950.jpg
クリップを外してヒートガンであぶってアルミパイプでたたき出します。単体だから作業が楽だ。車載でもそんなに難儀じゃないけど。

R1003951.jpg
反対側もあぶります。ブォー。

R1003953.jpg
638の小端は全コロなんですが、ニードルに着磁してあるので油っけが残ってるとそのネチョと合わさって内輪をそーっと抜いてもバラけない。

R1003954.jpg
折角なのでCB125Tのピストンと並べて記念撮影。

そしていまさらですが、新旧で結構ピストンの形が違う件。混ぜて使ってたのはやばかったか?


  1. 2013/03/23(土) 19:52:44|
  2. JAWA 638 (JAWA 350)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

軸受

在庫がたくさんあって幸せです。
R1003947.jpg
  1. 2013/03/19(火) 00:29:39|
  2. JAWA 638 (JAWA 350)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お山は寒かった

午後からスポンと時間が空いたのでちびTで都民に行ってきたよ!

人里あたりまではそうでもなかったが、時間的なものなのか高さなのか、都民に着いた時はすでに寒かった。
R1003940.jpg
思わずカレーパン食っちまった。160円。さくさくしていておいしい。
それにしても、638のトルク感に慣れてしまったのでCBTの非力さがなんだかもどかしい。
125にしては力あるほうだが、周遊入口すぎてからの急な上りのヨヨヨぶりはいたしかたない。
そもそも350ccと比べるのは酷というものだ。結局のところ排気量なのか。750とかでビュバースって上ってみたいもんですねえ。
もっともビビリのmucchiさんは何ccに乗っても最高速度は大して変わらない安全運転ですが…。
だとするとなおさら大排気量で平均速度の落ち込みを失くすのが効率的な移動手段としての二輪車を
目指す場合の最良な選択肢かもしれん。
しかし小排気量の楽しさはまた別なのだよ明智君。
R1003943.jpg
都民の温度計は9度でした。走ったら体感温度は氷点下だね。寒いわけだよ!

カレーパンも食ったので山を下ります。4時過ぎなので奥多摩側に抜けるのはいよいよ寒そうなので折り返し。
R1003946.jpg
ちとせや前でトイレ。

現在の陣容だとコイツだけなんですが、4ストって静かでいいね…
  1. 2013/03/17(日) 21:05:04|
  2. ホンダ CB125T
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

進捗

さて。特工と天気とやる気の三点セットがそろいました。
元気にエンジンばらしてまいりましょう。

まずジェネレーターのアーマチュア。
R1003931.jpg
普通のプーラーで引いたら歪み出したのであわてて中断、ラスペネ吹いて見なかったことにしたやつだ。
特工を掛けるために先端に付いているポイント用のカムを外す必要があるため、カムにマイナスドライバーをあてて軽く叩いたらアーマチュアごと抜けた。特工の出番なし。

時間は少し巻き戻りまして特工が来た翌日。
R1003934.jpg
クラッチバスケットの周り止めを掛けて、プライマリスプロケットに汎用プーラーを掛けてぎゅるぎゅる締めこみます。スプロケットはヒートガンでガンガンあぶる。締め込みがきつくなったのでハンドルにメガネ掛けて締めたらハンドルが曲がってしまった。しかも全然外れる気配がない。
仕方ないので押し込みボルトにダブルナットを掛けて締め込んだ。しかしまったく緩まない…

ここまでやってあったのね。

で、今日ハンドルが「の」の字になってしまったプーラーを見なかったことにしてケーヨーデーツーとアストロに行った。

まずはデーツーでトーチを買う。そののちアストロに行ってベアリングスプリッターを買ってきた。

帰ってきてR9を駐車場に締まってたらchanch師が遊びに来てくれた。
R1003935.jpg
なんか行けそうな気がしない?

再びクラッチバスケットの回り止めを入れて、1/2ハンドルとインパクト用のソケットでプーラーをガンガン締め込む。もともと4輪の人だから1/2とか3/4差込とかでかい工具が当たり前にあるのだ。その代わり1/4差込は持ってないけど(笑)。
R1003936.jpg
二人がかりで押さえつけながらグイグイやったら、パッコォーン!ていい音して外れた。外れたって言うより飛び出してきた感すらある。
R1003937.jpg
プーラーばっかり充実するなあ。
R1003938.jpg
こっから先は忙しくて写真撮ってる暇ねかったよ。
両ケースを止めてるボルト(例のごとくマイナス頭だ)をゆるめて、若干の紆余曲折(?)ののちコレ一個でJAWAの戦後モデル全部いけるっていうクランク割り専用プーラーでケース割った。

R1003939.jpg

で。

予想外というかなんというか、クランクはそんなにヤバくない感じだ。ケースのベアリングもガッタガタになってるんじゃないかと思ったが、手ごたえは悪くない。クランクのベアリングもあんまりやばそうな手ごたえは感じない。むむむこれは。chanch師曰くギアボックスのシャフト受けてるベアリングが一応(?)終了とのこと。

まあ、ばらしちゃったからベアリングは全部変えますけど。

あんだけカタカタカタカタ言ってたし、左右で爆発にムラがあったのでもっとハッキリキッパリスッキリ分かりやすく死んでると思ったんだけどなあ。
なんか不安だなあ。


直んのかコレ。
  1. 2013/03/16(土) 20:58:17|
  2. JAWA 638 (JAWA 350)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

さいきんのDさん

最近のDSuper。

R1003926.jpg
夜のお散歩。

R1003927.jpg
開いてますあなたのローソン。
こうしてみるとパネルがメコメコなのが目立ちますねえ。
どうだかっこいいだろう。

R1003930.jpg
先の日曜日。物凄い土ぼこり。黄砂なのか?

調子よくなったから、今年は乗るよ!
去年はバイク2台立て続けに起こしたから乗る暇なくしちゃったからのう。
  1. 2013/03/11(月) 22:03:25|
  2. シトローエン DSuper
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご無沙汰

JAWAのプライマリーチェーンスプロケットが抜けないのでクサってます。

クサっててもしょうがない。弊社には他にいくらでも乗るべき車はあるのだ。
ありがたいことにmucchiさんのまわりにはイロイロ助けてくるれるひとがいるので、
分不相応な車にも乗れる。

DSuperが分不相応かはともかく、旧車を維持するというのは一人じゃ難しいってこった。


最近寒いのであんまり乗ってなかったが(意味不明)、雨が降ったので湿気払いに乗ったのよ。
もちろん屋外なのでカバーをかけてるが、動かした方が空気も入れ替わっていいんじゃないかと
思ったわけだ。科学的根拠はゼロだけど。

寒かったが特にぐずることも無く始動。
この間謎の二次吸気穴をふさいだのが良かったのか、エンジンは調子がよろしい。エンジンの
回りが心なしか軽いのはオイルを10w-30にしたからだけではないであろうの。
いずれにしても割合小柄なエンジン(1.9L)で1.2トンぐらいある車体を転がすのでそんなに馬鹿っぱやい訳ではない。カタログ値は108hpかなんかだけど、絶対そんなに出てないよな。高速巡航は得意だけどそこに至るまでがっていう。したがって感覚的な"速さ"はむしろR9の方がある。頑張った結果の最高速はたぶんDSuperの方が出ると
思うけど。これはりんごとナシの味比べなのでどちらがどうという問題ではない。それにしてもコラムシフトは神だ。すげえ楽。

クラッチの位置が物凄く高いんだけどコレペダル調整できるのかなあ。30年前のバス運転してるみたいなんですけど。運転したこと無いけど。


しかしうちのD、エンジンはまずまずなのに外装がどこかの遺跡から掘り出されたみたいになっちゃってるのはコレどうにかならんのか。再塗装するにも上塗りの繰り返し(今ので3層目か4層目らしい)なので、今の上に塗装はしたくない(たぶんオリジナルより何十キロも重くなってる)。しかし剥がして塗ったらどえらい金額になるだろうしな。リプロの外板が船便で安く入れられればウイングとトランクはパネルの状態で塗ってもらって、自分で移植すれば安く上がるな…しかしヨーロッパのフォワーダーの問題があるなあ…

そんなことをつらつら考えながら30キロほどぐるぐる走り回って帰ってきました。

もうすぐ車検なんだぜ…
  1. 2013/03/04(月) 21:15:23|
  2. シトローエン DSuper
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4