日々の嘆き

シトローエンとかルノーとかvelosolexとかホンダとかヤマハとかチャリとかJAWAとかべスパとかとかとか

今日は小排気量の予定だったが7時前におととさんから入電。
天気が悪いらしい。天気予報を見てみると終日グズグズしているようなので、
残念だが中止にする。晴れてて夕立に降られるのはそれほどでもないですが、
気温が余り高くない中しとしと降られるのは避けたい。

腹いせにスパゲッティー作った。

R1004935.jpg
薄力粉:強力粉=7:3。粉100gに対し卵1個。オリーブオイル大さじ1、塩小さじ1/3。

R1004937.jpg
こねまくる。

R1004938.jpg
冷蔵庫で2時間寝かした。結論から言うとこのときもう少し水をくれてから寝かせるべきだった。全般的に
水が少ない生地が出来上がってしまった。

R1004939.jpg
のばしてちょん切る。セモリナなんちゃらを使わない場合の粉の比率は何が正解なのか。薄力粉100、薄力50:強力50、薄力70:強力30など資料(webの資料だけど)によって異なるのでコレというきまりはないようだ。
中国料理の麺(ものにもよる)の場合5:5がよいようですが。

R1004941.jpg
生麺なので3分ぐらいで茹で上がる。乾麺より大分早いがそもそも打つのに2時間以上かかってるわけで。
よく見ていただくと分かるが、麺の肌にツヤがない。まるで切り干し大根かかんぴょうのような絵面だ。水気不足でゴワゴワした表面になってしまった。
今度はもう少し水を足していこう。

R1004943.jpg
たまねぎとピーマンとアスパラとアボカドとベーコン。シャレオッティなレストランが「野菜たっぷりのタリアテッレ」とかクッソしゃらくさい名前をつけそうだが、むしろ「野菜ばっかりの」と言ったほうが良さそうな感じ。
其の実、スパゲッティーの野菜炒め乗っけだ。

麺がもそもそだが、それでも生めんは美味い。へたっぴにできても乾麺とはちがうんだよなあ。なんか。
スポンサーサイト
  1. 2013/08/25(日) 23:00:31|
  2. たべもののみもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

小排気量友の会 残暑ざんしょ マンネリロード

はしりとうございますね。
今年の夏は毎日市民プール行っちゃったから全然走ってないでよ。

8月25日 日曜日 9:00 藤野駅前ひろば

予定ルート
藤野→甲武トンネル→周遊→青梅街道→塩山多分丸亀製麺でうどん→R20→R35→宮が瀬で解散

参加者各位:8/25 6.50
残念ですが天候不順につき中止いたします



mucchiの車両からキャリアがなくなってしまったので茶菓水分の配給は一切ございません。
各自死なないように自弁にてご準備ください。


参加ご希望の方はできるだけコメント欄にて参加表明ください。mucchiが把握していませんと、
何らかの事情で遅刻になってしまった場合でも待たずに出発してしまうおそれがあります。
  1. 2013/08/19(月) 22:06:34|
  2. 小排気量友の会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ちえええええん

今日は前から気になってたカジバのチェーン換えた。

R1004926.jpg
おそらく新車当時のまま。正規の張りでも割合タルッタル。脚のストロークが長いからだと思う多分。
無過重でスイングアームまで6mmに調整しろとある。

R1004928.jpg
チェーンサイズは520で、110コマと108コマと2説ある。うちのは110コマで正解だったらしい。120コマの買って10コマ詰めたでな。しかし何で520だ。428でいいじゃんかよ。520だと値段が跳ね上がるんだよね。

R1004929.jpg
ヤフオクで安物買おうかと思ったが、DIDの強化チェーン奢った。500kmごとに注油しろとか書いてあってびびった。シールにすりゃ良かった。

R1004931.jpg
520だけあって手持ちのチェーン切りがまるで歯が立たない。サンダーでピンの頭を飛ばしてからチェーン切りをかける。耳が痛くなるからサンダー嫌いなんだよ。
短めに張って引きを浅くしようと思ったがそうするとギアの山に対してチェーンのコマが半端になってしまう。クリップ式だから1コマだけ詰めるってできないよな?外側プレートで止めないといけないわけだからな?
なので普通に張って引き気味にしとく。いきなりチェーン引きの半分ぐらい使っちゃった。ま、こんなもんでしょ。

R1004932.jpg
他のオフ車持ってないから知らないけどコイツ下側にもチェーンスライダーがある。ゴムのブッシュが付いてたが、千切れ飛んじゃってチャラチャラあたってうるさかった。乗った状態でチェーンがあたるというのは張りが足らなかったのか体重が軽すぎなのか。それはねーな。

R1004933.jpg
工具箱の中にあったゴム板を巻きつけて針金まいて即席スライダーを作っておく。なんとなくグリス塗っておく。

しかしコイツ速いな…速いというか、速く走るのを求めてくるというか。危ねえ車だ。T5も恐ろしく速いし、気をつけないとなあ。
  1. 2013/08/15(木) 19:37:21|
  2. CAGIVA W8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メーターワイヤー交換

こないだ走ってたらスピードメーターが沈黙してしまったT5。
ワイヤーをつるっと交換しましょう。

Webで調べたらインナーを交換したという記事は結構見ますが、アウターを交換したという記事は余り見かけない。もしかしたら初学者の皆さんに需要があるかもしれないので、セオリーというか、安直系の定番方法を記しておきます。
断っておきますが、インナーが切れただけの場合はインナーだけ交換しましょう。なにもわざわざ面倒な作業をする必要はありませんぬ。

R1004909.jpg
まず頭をばらすよ。頭のバラシ方はこの辺で見てな。PXね。ちいせえのは知んねえ。

R1004910.jpg
フロントハブ側でワイヤー引っこ抜くよ。この板で押さえてるというか、引っかかってるだけだ。ネジなめねえように気いつけてな。

R1004911.jpg
今回はアウターも含め交換すんだけど、こんなして折れてっから。あと上っかたでアサガオ(メーターにワイヤーを固定するナットがかかるラッパ状部品。PXはプラのクリップだったと思う)が引っこ抜けちゃってるのね。換えなくても平気っちゃ平気だけど、いずれダメになるような気もするので、入手直後で滾ってるうちにやっちまったほうがいいかと思ったわけよ。

なんか某ファクトリのマエストロがパンクにパッチ貼ってるみたいな文体だな。地元一緒だからな。
何の事だかわかんない人は気にしないでよろしい。

R1004912.jpg
で、針金用意するよ。なるたけ新品のな。アルミはダメ。鉄の奴。極端に太いのも、細いのもダメ。ピアノ線も固すぎてダメ。で、先っちょをこんなして丸める。

R1004913.jpg
で、古いアウターワイヤーからインナーをひっこぬいて、針金を上から通す。先を丸めたけどツルツルとは入っていかないから、かんしゃく起こさないでラジオペンチとかでしっかりくわえて少しずつ送り込んでな。

R1004914.jpg
こんなしてある程度余裕を持たせて出しとく。

R1004915.jpg
新しいワイヤー。コイツからもインナーを引っこ抜く。ついでだから引っこ抜いたインナーに油塗っとくよろし。

R1004916.jpg
で、古いワイヤーから輪っぱネジとアサガオを外して

R1004918.jpg
古いのの下側で針金をこんなあんばいに縛り上げる。上側でも、新旧のアウターワイヤーの合わせ断面部分をできうる限り密着するように保ちながら、おんなじ用にギンギンに縛り上げる。アレだったら新しいアウターの外側にシリコンオイルとか塗っとくといいかもしんない。

で、写真撮れないから写真ないけど、古いのを引っ張りながら新しいのを押し込む。古いのを引っ張るだけだとおそらくうまい事行かないかんね。ベスパの場合フロントサスに穴がハスに切ってあって、そっからメーターワイヤーが出てる。新旧ワイヤーをギチギチにしばりつけても安直には出てこない…と思う(経験上)ので、細いドライバーとかラジオペンチの小さいのとかで新しいアウターをほじくり出してね。ここまで引っ張るうちにおそらく新旧アウターの間にスキマあいちゃってるはずだから、そのへんを利用して。

R1004920.jpg
で、新しいのが引っ張り出せたら針金を取り去って、インナーワイヤーを放り込んで、元通りに固定すれば出来上がり。
ところがギッチョンmucchiさんが買ったアウターはもともとのより少し太くて周りのビニール皮膜が出口で引っかかってアコーディオンみたいになっちゃった。どうにか穿り出して、ビニールテープで養生したわ。なんたる不覚!

同様の方法はその他のアウター交換にも応用できるはずよ。あんまり機会無いとおもうけど。
メーターワイヤーに限って言えば針金通さなくても気合でどうにかなりそうな気もするけど、やった方が楽なんじゃないかと思う。このへん人によって違うからなんとも言えない。

R1004921.jpg
ついでにジェット交換した。上は116から118。下は160-45から160-50。

次!

R1004922.jpg
こないだパンクしたというかバルブがもげたチューブを交換する。

しかるのち試乗がてら市民プールに行って2,200m泳いだ。疲れた。

ちょっとジェットを濃くしすぎたかもしれない。上は豪快になったが、中間までで若干重ったるい感もある。
スローは元にもどすかのう。
  1. 2013/08/14(水) 20:12:42|
  2. V計劃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さあて。
おっこちちゃったテールを見てみよう。

R1004819.jpg
レンズを外す。

R1004820.jpg
土台部分。この反射板が電球で止まってると申し上げてもいい構造です。

R1004821.jpg
土台の土台。

R1004822.jpg
この溝に電球のでっぱりが引っかかって、先ほどの反射板を電球で挟み込む。…はずなんですが、どうも引っかかってる気配がない。で、走ってるとじわじわバルブが抜けてきて、最終的に反射板が土台から外れてしまう。
普通のソケット+ネジで固定に作り変えてしまいたい考え。

R1004824.jpg
昨日の夜走っていたらスピードメーターが動かなくなった。積算計も動かないのでばらして調べてみた。
きれいに写ってないけど樹脂製の歯車がダメになってる。これはムリ。

R1004825.jpg
スピードメーターはケーブルだった。

続いて昨日パンクしたリアタイヤ。
R1004826.jpg
パッチ貼るよ!昨日帰りにジョイフル本田でパッチとノリ買ってきただよ!
あわせのホイールをばらして、チューブを引っ張り出します。しかるのちパッチを…パッチを…
R1004827.jpg

ムリです

仕方ないのでタイヤはあきらめて、おととさんにもらったサイドスタンドを取り付ける。
R1004828.jpg
ダンボールやらバイクカバーやらバケツやら古タイヤやらを敷き詰め、細心の注意を払って車体をひっくり返します。毎回悩むけど、センスタを着脱する時はスタンドを取り付けてから最後にバネをねじ込むのがいいみたいだね。

R1004829.jpg
キレイにつきました。ネジは延長が必要だった。M6x25にしたっけか。

ワイヤー発注したけど、メーター本体はどうしようかな。新しい本体を手に入れてまるごと交換がよさげか。
  1. 2013/08/11(日) 20:29:35|
  2. V計劃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二代目黒い子 

初代黒い子こと150Superがハラダさんちに貰われていって、PXが来てと動きが激しかったmucchiさんちのV計画ですが、さらに激しく動いてしまい、LMLT5が名古屋方面からやってきた。
押し出されたPXはおととさんのところに、PXに押し出される形でスキッパーが名古屋方面にとベスパぐるぐる輪廻状態に。

ナンバーも付いたので試運転もかねて入間のB兄のところに遊びに行った。
そしたら16号がもうずっと人大杉。ひどい渋滞だ。まあバイクだから関係ないね(ホントはダメ)ハハノンキダネーとか言ってたら

パンクしますた


突然お尻がモニョモニョしだしました。急にきたので、おそらくなんか落っこちていたなにかを拾ったものと思われます。
幸い横田基地の前だったのでケイショーで予備タイヤに交換してもらった。帰ったらパッチはんなきゃな。


R1004800.jpg
エンジン側より。車体はPXと殆ど同じですが、後が絶壁になってる。なんか意味があるようなことを聞いたがわすれてしもうた…

R1004809.jpg
ホイールキャップがかっこよくて狂い死にしそうな左側。

R1004802.jpg
中古バイク好きの方には、入手したら前オーナーの痕跡を消し去ってしまうタイプと、そのままにしておくタイプがあると思います。mucchiさんは後者を自認しておりましてPXに貼ってあって恥ずかしかったポニョラリーのステッカーも剥がさなかった。このT5は前オーナーのCBさんがクリアのウインカーレンズで仕上げられていたのですが、ウインカーレンズはアンバーが至高教という宗教上の理由で交換させていただいた。させていただいたというか、レンズまで御支給いただいた。愛知方面に向かって一同礼。

R1004801.jpg
角目が…角目がりりしゅうございます

R1004803.jpg
メーター。かっこいいが盤面がメロメロ(これは気にしなければ気にならない)なのと、燃料計が動かない。それはいいが積算計も死んでる。いつまでたっても10,026km。メーターを直すか、総組で交換してしまうか考え中。ドイツで小僧臭いメーター売ってるけど、アレつくのかしら。

R1004807.jpg
ヤター!!ハザードが付いてる。ブァンザーイ!!!

R1004806.jpg
前オーナー様による表示。これがすこぶる分かりやすい。ピアジオは純正サインとして採用すべきだろ。

R1004811.jpg
入間ついでにちかくの基地においてあるヒコーキの写真を。
F104てはじめてみたわ。やっぱりかっこいいわあー。

R1004812.jpg
むかしはコレがブルーインパルスだったんだよなあ。mucchiさんの世代だとすでにT-2でした。
興味のない皆さんはすみません。

さて。
帰宅途中。

テールライトASSYをおっことしました



街道のど真ん中にベスパを止めてあわてて拾いに行く。しかるのち自分で交通整理しつつライトが外れたベスパをを脇に寄せて
取り付け直します。

私は純正至上主義者ですし、車の設計なんてまるっきり門外漢ですから我々愛好者レベルの人間が「何々の設計が~」とか「ナントカの設計思想はおかしい」とか評論家顔で言うのはあんまりスマートじゃないと考えてます。

んがしかし。

こいつのテールライトASSY、反射鏡部分土台とレンズはネジで締結するんですが、土台自体は車体に取り付けられている金具と電球のバヨネットで固定するというまさに埒外設計となっており、そんな埒外設計にもかかわらずゆ作りがゆるゆるなのだ。ゆえに電球の取り付けを失敗すると振動で外れてしまうようです。


                                  
    _ □□    _      ___、、、
  //_   [][]//   ,,-―''':::::::::::::::ヽヾヽ':::::/、    このテールライト
//  \\  //  /::::::::::::::::::::::::::::::i l | l i:::::::ミ  
 ̄      ̄   ̄/ /:::::::::,,,-‐,/i/`''' ̄ ̄ ̄ `i::;|  Assy.の設計を
―`―--^--、__   /:::::::::=ソ   / ヽ、 /   ,,|/    
/f ),fヽ,-、     ノ  | 三 i <ニ`-, ノ /、-ニニ' 」') したのは
  i'/ /^~i f-iノ   |三 彡 t ̄ 。` ソ ハ_゙'、 ̄。,フ | )        
,,,     l'ノ j    ノ::i⌒ヽ;;|   ̄ ̄ / _ヽ、 ̄  ゙i ) 誰だあっ!!!
  ` '' -  /    ノ::| ヽミ   `_,(_  i\_  `i ヽ、 ∧ ∧ ∧ ∧
     ///  |:::| ( ミ   / __ニ'__`i |  Y  Y Y Y Y
   ,-"        ,|:::ヽ  ミ   /-───―-`l  |  //     |
   |  //    l::::::::l\    ||||||||||||||||||||||/  |     // |
  /     ____.|:::::::|    、  `ー-―――┴ /    __,,..-'|
 /゙ー、,-―'''XXXX `''l::,/|    ー- 、__ ̄_,,-"、_,-''XXXXX |
/XX/ XXXXXXXXXX| |         _,  /ノXXXXXXXXXX|



普通にネジで止めようよ!


続く。
  1. 2013/08/10(土) 19:36:46|
  2. V計劃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

カジバ号

さて。土曜日のこと。
こないだいチラッとみてみたギアオイルがヤバそうだったので交換した。

R1004781.jpg
まずのっけからつまづいたのは、ドレンボルト。二面幅24mmの薄っぺらい頭のボルトが
フレームとエンジンのスキマにおさまってる。しかもなんかメンバーみたいのがあって
ソケットがかからない。メガネもダメなのでオープンエンドでしか緩められないという
埒外設計になっておる。24mmなんて持ってないので泣きながらケーヨーデーツーに行って
薄型のオープンエンド買ってきた。

出てきたオイル。
R1004783.jpg
割と普通な感じ。5000km普通に走ったギアオイルだな。

で、ヤマハのギアオイル入れて、S商店行ってベスパの書類(待て次号)を受け取ったりなんかして。

R1004786.jpg
周遊行って、都民で久しぶりに三頭だんごたべてごきげんだったが、なんか違和感を覚えた。
シフトが渋いのよ。しぶいっつーか、走ってる最中はいいんだけど、ニュートラルがえらい出しづらい。つーか、
エンジンがかかっており、かつ車体が動いていない状態だとニュートラル出ない。無理。
モーダメ。死ぬ。腎臓検問所。

走行中は問題ない。なんなんだこれは。オイル換える前はこんなじゃなかったような気もするが、
私はまだ車が動いているうちにN出して停車する癖があるような気もするので、いままで気づかなかった
だけかもしれん。
オイル交換という作業をした後に、しかも山の中で気づいただけにかなりあせった。しかしその割には特に自重せずワインディングを楽しんで帰ってきました。オイルが固いのかと思い、折角入れたヤマハのオイルを安物の柔らかいオイルに換えてみたりしたが変化は無い。

で。日曜日。2りんかんで高そうな洋物オイル(気分的に)とZOIL(気分的に)買ってchanch師んちに行った。
試乗してもらったがやっぱり固いとの由。そおだよねえ。これはあんまり普通じゃないよねえ。

クラッチ側のカバーを開けてクラッチを全部ばらしてみたが、特におかしいところは無い。
しょうがないので元通りに組み立てて、お高いオイル(でも1,680円/L)とこんだけ気持ちが負けてなかったら絶対に入れなかっただろう添加剤を投入。

結果は劇的には変わらず。心なしかよくなった様な気もするが、大してよくなってないような気もする。
もう知らん。止まらんうちにN出せばいいんだろ。運用でカバーすればいいのだ。

というわけで、カジバ号いろいろ。
R1004798.jpg
正式名称はCAGIVA 125 W8 FA。写真だと分からないが車体がでかい。ヤマハのランツァぐらいある。
尻尾に乗っているバッグはノンオリジナル。ラフ&ロードのツールバッグ。色々入るが、思ったより入らない。
特筆すべきは19Lという燃料搭載量。400km以上余裕で無給油で走れる計算です。ちなみにタンクは樹脂製で、水筒のフタみたいなねじ込み式のキャップがついてます。
排気デバイスは装備してません。割合きっぱりとした性格のエンジンですが特にピーキーということは無い。
とはいうものの夢見がちな速度域まで簡単に達してしまう動力性能なので要注意。

R1004792.jpg
パスタ半島の製品なのでデザインは大変によろしい。ブレーキがブレンボだったり、キャブがデロルトだったり、ブランド的には派手です。シートが柔らかいからか、お尻がすぐ痛くなるのには閉口します。ミラーが見やすいのはよろしい。大変によろしい。サスペンションの出来もよろしい。

R1004793.jpg
ニュートラルがでない外道ギアボックス搭載のエンジン。キックスタートのみ。分離給油で、黒い樹脂カバーの部分がオイルポンプです。車体が動いているときのNの出し易さは神がかっているあたりさらに謎だ。

R1004794.jpg
運転台。トリップが付いているのが便利だ。ハンドルポストについてる四角い黒いのは警告灯類。特に暗くは無いがむき出しなので昼間は全く見えず、ウインカー芋の遠因になっているとしか思えない。

R1004799.jpg
おととさんにお下がりでもらったナックルガードをつけてみた。どうだかっこいいだろう。
  1. 2013/08/04(日) 21:13:24|
  2. CAGIVA W8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4