日々の嘆き

ルノーとか以下略

オイォ

B兄と飯食いに出たついでにAメカのところまで軽めのドライブ。
オイルを交換してもらった。距離は97,500kmぐらい。

買った時そこそこオイルが綺麗だったので交換してなかったのではじめてのおいるこうかん!だ。
購入したときの距離は93,500ジャラジャラkmで、そこから交換してないから少なくとも4,000km。

オイル交換ぐらい自分でやれよ、という声が聞こえてきそうですが、最近廃油ためといて持ってくのが
億劫になってきたのと、バイクがことごとく2ストになってしまい、オイルの買い置きが無くなってしまったのも
あるので四輪のオイルはAメカまかせだ。したがって埼玉方面にドライブにいかないといつまでたっても
オイルが換えられないということになる。イヤン。

落としたオイルは綺麗なアメ色でまだいけそうな感じ。5,000はいけるなこりゃ。
10w-40を4L。乗り出してみても大きな変化は感じないので今までみたいなペースで換える
必要はなさそう。

よくオイルは乗ってなくてもダメになるから半年で換えろとか言うけど、アレどうなんだろね。ホントなのかね。


スポンサーサイト
  1. 2014/06/30(月) 14:26:01|
  2. ルノー ルーテシア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小排気量友の会 例大祭 そんなことよりおうどんたべたい

どういうことなの…

すっきり晴れるとは思っていなかったが結構な雨だ。
Tの字は根性入れてセローでうちまで来てくれたが、雨が強まりそうな予感すらしたので日和って車に切り替えた。
ちなみに今日の写真はすべてTの字によるものです。

同じく気合を入れてCGで来てくれたchanch師と藤野の駅で合流、アール・さんちにCGを置いて
小排気量友の会始まって以来の屋根つきツーリング。

四人で一緒なので車中でオシャベリができるのは良い。しかも濡れない。二輪的な楽しさは無いが安楽で
これはこれでいい。

IMGP5822.jpg
うどんやさんに到着。

IMGP5821.jpg
キタアアアアアア

ホントに太くて堅い。モグモグたべる麺類というのは結構センセーショナルだ。
おつゆが物凄いかつお風味でおいしい。そして麺が堅い。とてもとても堅い。
うどんていうかこれコシのあるほうとうって言った方がいいんじゃないのか。
麺自体の味もほうとうっぽい小麦の味だ。食べ応えがある。
唐辛子の粉みたいなものを入れるのがお流儀なようだ。しかし入れると辛いのだ。
少しだけ入れてみたがたくさん入れたらヤバそうな感触でした。

富士吉田の道の駅によってみたら野菜が安かった。
しかしみんな粉でお腹が一杯なので食べるものを買う気にならないらしい。
トイレだけ行ってどこいこうか…とボーっとする。

IMGP5825.jpg
はらごなしに忍野の川魚水族館に立ち寄ってみました。

しかるのち朝霧高原の道の駅に行ってから麺類つながりで富士宮やきそばを食べようという流れに
なった。

IMGP5829.jpg
なんだかすごい昭和な佇まいの食堂みたいなところでやきそばを食べる。ゲプ。

すっかり満足したので71号を通って河口湖方面に戻り、中央道に乗って大月にもどり、R20を通って帰ってきた。

バイクに乗れなくて残念でしたがたまにはこんなのもいいでしょう。

ちかいうちまたやるよ!!
次回は夏祭り!
  1. 2014/06/22(日) 23:44:10|
  2. 小排気量友の会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ガソリンもれ

カジバにはデロルトのPHBL24がついてる。
ベスパのスモールあたりにも使われてるらしい。



R1006002.jpg
びしょびしょです。スローアジャスタとアイドルアジャスターの穴から漏れてるようです。
ガソリンが垂れますし、臭くて困ります。

R1006006.jpg
幸いなことにガスケットのキットがある。

R1006003.jpg
締め込み量を記憶しつつアイドルアジャスターを外す。2.5回転ぐらいだったか。

R1006004.jpg
ワッシャーが入ってて、その奥にOリングが入ってる。

R1006007.jpg
右が古い方。押しつぶされて型がついてしまっていた。柔らかさはあまり残っていないのでこれでは止まらないでしょう。

R1006008.jpg
次にスロー側もやる。締め込みは1.8回転ぐらいだったかなー。乗った感じもすこし濃い目だったのだ。

R1006009.jpg
こっちの穴は深いですねー。細いピンセットでほじくりださないと出てきませんでした。

R1006011.jpg
Oリングがつぶれて平べったくなっちゃってるのが見えるかな。右に見えてるのがワッシャー。磁石で立っちゃってますが。

R1006012.jpg
こんな感じで。ひょっとしたらスキマから微妙にエア吸ってたりするのかもしれない。

R1006013.jpg
一応止まったように思えますが、サイドスタンドで立てると物凄い斜めになるので、多分またもれてくると思う。

R1006015.jpg
ついでに硬くなってたプラグコードとキャップも換える。途中からつぐようかと思ったがコイルからコードが単独で
外れた。よっしゃ。

R1006016.jpg
新しいのはNGK。

調子も悪くない。さあ明日は走るぞ!


と思っていたら。
  1. 2014/06/22(日) 21:06:44|
  2. CAGIVA W8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小排気量友の会 例大祭 そんなことよりおうどんたべたい

続報でございます。
小排気量友の会例大祭 そんなことよりおうどんたべたい

日程
6月22日 日曜日 午前9:45 
集合地点
JR中央線藤野駅前ロータリー。いつものあそこです。
予定ルート:
藤野駅前→秋山街道→富士みち→うどんやさん→山中湖→道志みち→宮ケ瀬ふれあい(解散)

6月21日 20時現在 催行する予定です

参加資格
みんなと仲良くできる人。
当日モーターサイクルに乗って来られる人。

小排気量友の会で、200cc未満と一応の定義はありますが、必ずしも
200cc未満の車両でなくても問題ありません。ただし、巡航速度域が
おおよそ60km/h前後とかなり遅いので、速い車はお勧めしません。
  1. 2014/06/22(日) 06:34:10|
  2. 小排気量友の会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

うどんツー

やあ。
走りとうございますね。
先日讃岐に行った記事を載せたらうどん食いに行きたいという投稿をいくつかいただいたので、
富士吉田までうどんツーをしたいと思います。

日程
6月21日か22日あたり
集合地点
JR中央線藤野駅前ロータリー。いつものあそこです。
ルート的には藤野から秋山街道をのんびり走って富士みちから吉田界隈へ。帰りは道志みちから宮が瀬まで
戻ろうと思います。

参加資格
みんなと仲良くできる人。

参加希望者はコメントから参加表明されたい。
  1. 2014/06/05(木) 22:33:20|
  2. 小排気量友の会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

オーバーフロー顛末

mucchiさんのカジバをご存知の方はほぼもれなく目撃されてると思いますが、
カジバってば始動性が超ヤバい。ちょっと置いておくとすぐエンジンがかからなくなってしまう。

R1005982.jpg
症状からするとオーバーフローっぽい。部品をいくつか取って修理に挑みます。

R1005983.jpg
ところが新品のはずのフロートニードルなのに微妙にアタリ跡がついてる気がする…。
ゴム頭の奴だからこれでもいいのか。

フロートニードルそのものはプランジャーみたいになってバネが効かせてある良く締まりそうな(?)奴だ。
普通のと同じでジェットのでかいのみたいな受け部品と対になってる。で、新しく来たのは受け側とキャブボディに
挟まるガスケットがついてきたんだが、
R1005984.jpg
入ってないね…。
前のオーナーさんがヤフオクに出す前に燃料系をひとしきり掃除したらしい。ひょっとしたらその時に……。
キャブ周りをひとしきり掃除してガスケットと新しい受け部品と微妙な新品フロートニードルを組み付ける。
今回のもう一つのハイライトはコレ。
R1005985.jpg
透明なフロート室。中身が見えて面白い。

R1005986.jpg
ついでにT5のメーターワイヤー換えた。
R1005988.jpg
粉砕してしまった燃料タンクのキャップも換えた。

で、良さそげだったので良かった良かったと乗りに出たら、ちっとも直っていない。どういうことなの。
翌日日曜日に再検討。
前日に仕舞運転をしてフロート室の油面がかなり低めになっているはずなのに、元に戻ってしまっている。
むむむ。
そこでフロートニードルを旧いほうに戻した。まだマシそうだったので。
それから、燃料ホースの途中に入っていたフィルターを外した。

しばらく様子を見たが、大丈夫そうなので試乗(始動性の問題なのであまり試乗の意味はないような気もするが)に
出かけた。

R1005990.jpg
しかしでかい車だ。

R1005991.jpg
いい眺めですねー

R1005992.jpg
どうでもいいがバイク駐車場に居るのはおっさんばっかりだ。日本のモーターサイクル趣味界に未来は無いな。

R1005994.jpg
中央線の車庫。

今のところ問題はなさそうだ。
まとめると、
どうも前のオーナーさんがフロートニードルバルブ受けのガスケットをなくしてたらしい
→当然フロートニードルの位置が高くなり油面が上がる

インラインのフィルターの位置が良くなかった
→フィルター自体が予備タンクの役目を果たしてしまい、仕舞運転をしたうえでコックを締めてもまだガソリンが残っていた

新しく来たフロートニードルが不良だった
→止まる訳がない

      ポッポルヌー!
  ( ⌒ )
   l | /      
  ∧ ,∧      
⊂(# ・д・)    ふざくんなよちくしょう! 
 /   ノ∪      なんで新品の部品が腐ってるんだよ!
 し―-J |l| |
     )  なんというか  (
    ⌒)  いろいろ (⌒
      ⌒Y⌒ ペタンッ!!
  1. 2014/06/01(日) 18:36:30|
  2. CAGIVA W8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4