日々の嘆き

シトローエンとかルノーとかvelosolexとかホンダとかヤマハとかチャリとかJAWAとかべスパとかとかとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヒヴァナ

ヤター!!晴れたよ!

R1003059.jpg
ポイントでも換えるか。
連日の雨ですっかりやる気を失くしてしまい、グズグズと整備。
しかしこのステーター、どこで点火時期見るんだ。
ポイントが一番開くところでシクネスゲージ突っ込んで調整。割合原始的な作業をした割にはあっさりうまく行った。
古いポイントは穴あきだった。あぶないあぶない。ヒールが減らないよう、カムにグリスをごってり盛っときます。
ototoさんはバカ締め、mucchiさんは過剰潤滑が大好きなのだ。

ついでにクラッチも調整。どうやらワイヤーの戻りがグズな所とクラッチのミートがあってしまうとジャダーが発生するらしい。
ワイヤーを引いてくわえ直し、さらにアジャスターで調整したところ良い具合になりました。
ワイヤーをくわえなおすというのはこの車クラッチのアームにタイコを引っ掛けるのではなく、古い車でよくある
ボルトとナットをワイヤーに噛み付かせて止めるという構造になってるためです。アジャスターの調整しろに依存しないのと、ワイヤーの代用がやりやすいので個人的にはお好みです。
クラッチそのものの構造は基本的には普通の車と一緒で、ワイヤーでカムを動かしプッシュロッドでクラッチを開放します。さらにこの車はシフトペダルの作動でもカムが動かせるようになっているのでカブのようにシフトペダルでも半クラできる。
シフトアップはクラッチレバーを引かなくても全然問題なくシフト可能です。下げ側は硬いので、無理せずレバー入れてます。

さらにタコメーターの照明が点かなかったので修理。BA7Sのバヨネットソケットがススけて接触不良だった。磨いて接点復活剤くれて終了。明かりは雅な青色なんですが、球に塗ってある塗料が触るとボロボロ剥がれてしまいタダの電球になってしまった。
ちゃんと極性が来てる配線だったので、LED入れられるかも。もっとも透過じゃないので強烈に拡散する奴じゃないと駄目だな。オレンジとか入れたらかっこいいかもしんない。

しかるのちTの字が遊びに来てくれたので三人でototoさんのR4の後ろ足ダンパーを交換する。

さらに2りんかんでTの字号のプラグキャップとナンバーの土台を買ってきて装着。

ほんとに今年の連休はまったくもう。
スポンサーサイト
  1. 2012/05/05(土) 23:20:47|
  2. JAWA 638 (JAWA 350)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タケノコ | ホーム | 連休>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mucchi.blog63.fc2.com/tb.php/1022-7021829b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)