日々の嘆き

ルノーとか以下略

P号 小作業

さて。
弊社P号。セル付きなのにセルが動かない。動くときは元気がいいのでおそらくリレーがスイッチ。
セルスイッチを分解して掃除したものの改善しないので、おそらくリレーかクラッチレバーについてる
安全スイッチでしょう。まずなんとなく疑わしそうなクラッチのスイッチから調べてみる。

レバー基部にスイッチがあるらしいので、顔をばらします。PXは顔が分割できるので古いのとか小さいのと比べると作業がしやすい。
いまどきPXに乗ってる人に堅気の人はいないでしょうから釈迦に説法でしょうが(なんかこの間も同じ様な事書いたな)、一応顔のばらし方を乗せておきます。FL系は違うかもしれない。

R1003252.jpg
ヘッドライト部前側の2本のビスをはずします。

R1003253.jpg
同様に後ろ側の2本のビスをはずします。

R1003254.jpg
スピードメーターワイヤーをメーター側に押し込みます。

R1003255.jpg
ハンドル上側のカバーを上に持ち上げます。前の段階でメーターワイヤーを押し込んでおかないと、カバーが持ち上がりません。

R1003256.jpg
これでカバーがライトやもろもろの臓物をかわせるようになりますので、スピードメーターワイヤーを軸にして回転させます。
R1003257.jpg
これで各ハンドルやワイヤー、ライトの電球にアクセスできるようになります。ネジ2本だったかなんだかでライトが丸ごと外れる古いのとどっちが簡単かという気もしますが、はずした後の空間の広さはPXの方が圧倒的です。

シフト側ハンドルの近くに見える白いコネクターがクラッチの安全スイッチに行く配線ですね。
引っ張ったら抜けてくるかなあと思いましたがびくともしない。そりゃー考え甘いわ。

R1003259.jpg
クラッチレバーをはずして中をのぞいてみると、こんなクソ狭いところで6mmぐらいのナットで止まってる。
こんなところに入る工具持ってねえだよ。

R1003260.jpg
スイッチをはずして磨いたら復活するかと思いましたが、どう考えても簡単にはずせそうではないので潔くあきらめて、先に原因の切り分けだけやってしまいます。このスイッチに来てる配線はピンク色。コネクターを磨いたりしてもダメなので、おそらくスイッチ本体でしょう。
配線は一本だけなので、おそらくスターターリレーの"細い側"のアースを問題のスイッチで開閉してると思われます。そこで。

R1003261.jpg
左のガワを剥がして、スターターリレーをほじくり出します。案の定スイッチに向かってるのと同じピンクのハーネスがあったのでそいつのコネクタを引っこ抜き、ワニ口電線でボディーと短絡させてスタータースイッチを押してみると見事セルが回りました。やっぱりスイッチが死んでるんだな。

R1003262.jpg
原因が分かってしまえば簡単です。配線を新造してスイッチをバイパスしちゃう。
クラッチレバーの安全装置はなくなってしまいましたが、大きな問題ではない。踏切で脱出できるようになったしな!

もう一個。うちに来たときシートが開かない閉じない。ロックが死んでる。シートの下は燃料タンクにオイルタンクなので気まぐれに開かなくなるとやばくてきついので、ロックの相方であるボディ側のピンを外してシートをブラブラにしておいた。カブなんかそもそもロック無いんだし、別に困んないよね。

とはいえ、折角錠前までついたカッコイイロックがあるんだし、せめて外して原因を確かめてみようぜ。
ロックAssyはボルト三本でシートに止まってるだけなのでゆるめて引っこ抜く。
R1003263.jpg
こwwwれwwwはwwwwww
実に景気のいい錆びっぷりだ。爪とケースの隙間にマイナス突っ込んでこじってみたけどびくともしない。
外のケースはアルミ鋳物っぽいんで、無理すると割れそうだ。
ところが、爪を止めてるピンをよく見るとただ差し込んであるだけっぽい。溶接だったりかしめてあったら面倒だったけど。

ラスペネ差して万力の上で貫通ドライバーでたたいたらピンが動いた。勝利を確信したね。
R1003264.jpg
無事分解成功。

R1003265.jpg
爪は猛烈に錆びてるが、癒着はしてない。ワイヤーブラシと棒やすりと目立てやすりでゴリゴリやってから組み立ててみた。

R1003266.jpg
ウーっ
R1003267.jpg
オープン!!

ところがシートにつけると締結時に微妙にゆがむのか締めこまれるのか、動きが渋くなってしまう。
このへんで暑くなってきたしもう嫌になってきたのでお昼にYUMYUM印のトムヤム焼きそば(クッソ辛い)を食べてロックなしのまま市民プールに乗ってって1,800m泳いで帰ってきた。

夕方涼しくなったのでもう一度外して分解。
R1003271.jpg
今度はリューターにスポンジヤスリつけたのを持ち出して徹底的に磨きまくる。およそすべての摺動面を磨いてラスペネとグリスで潤滑+防錆。一瞬再めっきに出してやろうかと思いましたが、知ってるめっきやさんは台数計算で最小3,000円。他になんかあれば出してもよかったけど、これっぱかりやってもらってもねえ。
R1003272.jpg
組み立てるとさっきより格段に滑らかだ。ボディー側のどんぐりみたいなピン、なんて言うかわかんないけどを単体で差し込んでみて動きを確認。いきなり取り付けちゃって天の岩戸みたいなことになってしまうと悲惨だ。
大丈夫そうなので組み付け。無事ロックが復活しましたとさ。とっぴんぱらりのぷう。


いきなり泳いだんで筋肉痛気味ですが。
スポンサーサイト
  1. 2012/08/25(土) 20:16:19|
  2. V計劃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<さらに小ネタ | ホーム | 避暑>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mucchi.blog63.fc2.com/tb.php/1038-cfa14a48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)