日々の嘆き

シトローエンとかルノーとかvelosolexとかホンダとかヤマハとかチャリとかJAWAとかべスパとかとかとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エンジーン

うちのJAWAですが、アイドル域で左右のハネにばらつきがありました。左がイマイチ元気ないのね。
そこで、左のシリンダーとピストンを換えてみた。
作業するよーっていってたらChanch師が遊びに来てくれたお。

R1003694.jpg
綺麗にできてるが、ポートのふちが若干バリがちなので2ストオイルつけて紙やすりで撫でとく。

R1003695.jpg
いつもどおりタンクを下ろして。

R1003697.jpg
周辺のもろもろをはずす。2ストだから気がらくだ。

はずすのはタンク・キャブ・インマニ・エキパイ。点火コイルはずらす。
R1003698.jpg
シリンダーとヘッドは長いスタッドで共締めになってるのでヘッドのナットを緩めて、プラハンでコンコンやると
外れる。

さて。
まず一番最初にやるのはクランクケースにウエスを突っ込むことだ。それからピストンピンサークリップを両方はずす。
それからピストンをヒートガンであぶる。

しかるのち手作り特工1号こと、ノギスで測りながら15.9mぐらいに手やすりでゴリゴリ削ったアルミパイプのワッカを同じく手で削った長いパイプでコンコンピストンに打ち込み、ピストンピンを反対に押し出します。
なんでこんな回りくどいことをするかと言いますと…

R1003700.jpg
小端が全コロだからさ。
この後ワッカを結わえようとして見事に落っことしました。寒くてオイルが堅くなってたのと、コロに着磁してあったので2本落ちただけで事なきを得ましたが。

R1003701.jpg
全コロはおっかないのでニードルローラーベアリングに換えとく。

R1003703.jpg
新しいピストンをヒートガンであぶって、ピンをコンコン打ち込む。固い。

R1003706.jpg
組みあがり。

ピストンを取り付けてエンジンをかけてみると、左右のハネ差はだいぶ改善したが、まだ右の方が元気がいい。こりゃ腰下もからんでるかもしんないね。最も走ってしまえば殆ど問題にならないと思われます。
むしろ問題は相変わらずのスラップ音だ。むしろ大きくなってるじゃネーか!

回転を上げると消えるので、ピストンのスラップ音で間違いないと思いますが、原因は不明だ。
シングルキャブで2気筒分の二股インマニを締めこむときにシリンダの取り付けがゆがむのかと思って組み直したが、一向に消えない。
ただ音がするだけならかまわないんですが、なんか悪いことがおこると困るのだよ。原因を追究したい考え。

試乗に出た。
R1003709.jpg
相変わらず寒々しい背景が良く似合う。

R1003711.jpg
喜楽でラーメン。

元気はよろしいのでおおむね問題は無いと思われますが、音の研究は引き続き進めてまいりたい。

スポンサーサイト
  1. 2013/01/14(月) 19:28:40|
  2. JAWA 638 (JAWA 350)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<オーバーフローなおし | ホーム | 小ネタいろいろ>>

コメント

シリ&ピス新品でまだ音が出る?
ん~~ 謎ですなぁ~
なんかとんでもない事がケース内で起こっている?とか?
  1. 2013/01/14(月) 21:38:18 |
  2. URL |
  3. シャコタン☆カブ #-
  4. [ 編集]

わぉ、シリンダーも交換したのですか。
寒い中、おつかれさまでした^^。

放熱フィンの微妙なうねりが美しい。
  1. 2013/01/14(月) 22:55:05 |
  2. URL |
  3. REI #-
  4. [ 編集]

シャコタンさん>謎ですねえ。チリンチリンというより、カタカタ言ってるのでピストンが当たってるのは確かなんですが、その割には元気よく走るので、謎です。

REIさん>作業自体は複雑ではないのですが、ピストンピンが固くて取れないんじゃないかという恐怖から、なにやら大げさな作業になってしまいました。
  1. 2013/01/15(火) 10:22:39 |
  2. URL |
  3. mucchi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mucchi.blog63.fc2.com/tb.php/1071-6a6db18b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)