日々の嘆き

シトローエンとかルノーとかvelosolexとかホンダとかヤマハとかチャリとかJAWAとかべスパとかとかとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヨーロッパイロイロ

さて。

写真ばっかりじゃなんなのでヨーロッパであった小話をいくつか。

●ブダペストの市内交通は信用乗車というシステムをとっています。日本やパリの地下鉄のような改札ゲートが無く、乗車券を持っていなくても乗車できてしまいます。つまり無賃乗車が可能なのですが、ゲートの代わりに検札官が路線上をうろついており、無賃乗車や切符の有効化(切符は購入するだけではなく、駅入り口や車内にある打刻機で有効化する必要があります)をしていない場合罰金を取られます。

で。

今回ブダペストでいろいろ世話になった現地人L氏に捕まったことあるか聞いてみました。で、どうなったかというと
「ハンガリー人は戦うんだよ」
いやだめだろそれは。

だからかどうか知りませんが地下鉄の駅入り口、有効化する器械の前にデカいおじさんがいましたのでもう無賃乗車は難しいと思います。
トラムやバスやトロリーにはいなかったので依然として無賃乗車可能です。今回併せて20回ぐらい公共交通機関を使いましたが、検札官には一度も遭遇しませんでした。

●ブダペストのブダ側、山の中腹に通称岩病院と呼ばれる地下施設があります。写真撮影が禁止なので写真ありませんが、英語のツアーつきで見て回れます。英語とハンガリー語で機関銃のようにしゃべり続ける案内のおねえちゃんの言:「これは病院内部での治療の様子を再現したものです(中略)。棚の中に入っている茶色い箱は当時アメリカから支援物資として送られた粉ミルクの実物です。粉ミルクと書いてありますが味は粉石けんみたいな代物でした。ありがとーアメリカ!!」聞いていたアメリカ人と思われるおっさん「Sorry!」

●上の岩病院にミュージアムショップがあります。二次大戦前~ハンガリー動乱後まで使われていたのでハンガリー軍の放出物が売られているのですが、ヘルメットやガスマスクと一緒になぜか当時ものの担架が1,000フォリント(500円)で売られていました。買ってく奴いるのか?。安いし。

●オランダのイベントでソレックスの部品を買ったんですが、出店してるおじさんが英語を全く話さない。フランス人はおおむねこういう傾向にあるんですが、外国人だから英語で話したほうがいいのかなあとかそういう発想がないらしい。フランス関係と絡む可能性のある方は片言でもフランス語ができるとよろしいかと。まあ人間同士だから言葉できなくもどうにかなるけっどもね。

●ハンガリーは炭酸水(ジュース的な意味でなく、ペリエ的なアレ)天国。字で書くとSzénsavas víz。イタリアのガスなし水がSenzaGusで字面が似てるので最初混乱しますた。
安いのは1.5Lで50フォリントとかなので安くて助かる。ペットボトルで売られているののうち、フタが青いのが炭酸入り、フタがピンクのが炭酸なし。皆さんハンガリーにお出かけの際は参考に。

●ブダペストのスーパーで半額シールつきのハムを買ったら翌日の朝にはすでに悪辣なにおいになっていました。見切り品じゃないのを買いましょう。

●ハンガリー語も大概だがオランダ語もかなり難しい。地名なんだがNijmegenて書いてなんて読むと思う?にえめげんじゃないんだぜ。正解をかな書きにするとネイメーヘン。あとしゃべりの音が英語と似ており、何言ってるんだこいつ全然わかんねえぞとか思ってると実はオランダ語で話しかけられてたいう。

海外旅行って面白いですね。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/22(水) 18:41:29|
  2. おでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<</^o^\フッジサーン | ホーム | 総括ブダペスト・ごはんの巻>>

コメント

Nijmegen
遠すぎた橋でナイメーヘンという地名を知ってたので
かろうじて読めますた。
  1. 2013/05/23(木) 23:28:39 |
  2. URL |
  3. 百猫 #-
  4. [ 編集]

私が泊まってたのがまさにエアボーン部隊が降下したオーステルベークという町で、エアボーンミュージアムってのがあります。行ってませんが(笑)
問題の橋までたしか20kmぐらいあるところで、そりゃ遠すぎるわと思いました。
  1. 2013/05/24(金) 11:02:23 |
  2. URL |
  3. mucchi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mucchi.blog63.fc2.com/tb.php/1105-e6b450cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)