日々の嘆き

シトローエンとかルノーとかvelosolexとかホンダとかヤマハとかチャリとかJAWAとかべスパとかとかとか

愛と悲しみのアオブダイ Zorki-S

さて、親愛なるソビエト連邦カメラ部門は、戦前ライカにインスパイアされたのまネFedというカメラを作りました。
のちにこのFedの技術協力を受け、Zorkiというこれまたライカに良く似た(つーかまんまコピー)カメラの製造を開始します。Zorki-1と俗に言われるモデルです。

で。

親愛なるソビエト連邦カメラ部門同志はフラッシュ用のシンクロをそのZorkiに追加しようと考えた。
せっかくアクセサリーシューが付いてるんだから、外付けファインダーだけじゃもったいない、と。

で。

ここでおろしあイズム発動です。Zorkiの内部スペースを使ってシンクロを追加せず、腰上を安直に拡大してスペースを新たに作り出してしまいました。その結果
zorki.jpg


Zorki-S(左)。右はSのつかない素の初代Zorki。デコっぷりがご覧いただけると思います。

…。
アオブダイかマウンテンゴリラのようなオデコになってしまいました。あんまりいい格好ではないですね。
だからかどうかは知りませんが、このモデル、後継のZorki-2Sとともに不人気のようです。
中古市場で比較的良く見かける割には使っている人はあまり見ません。
まあZorkiをマジに使っている人自体あまりいないと思われますが、その辺は置いておいて。

ともかく、格好以外はZorkiとほぼ同じ=ライカと大体一緒(除く工作精度。ライカを使ったことが無いのでどのぐらい違うのかは分からない)ですので使い勝手は悪くなく、愛用してます。

Zorkiシリーズがライカの面影を残しているのは2番台まででZorki3からは「ライカっぽいカメラへと変わっていきます。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/11(日) 00:15:28|
  2. カメラ・写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<他に真似手がございません VILIAシリーズ | ホーム | 愛しの種子島 Smena>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mucchi.blog63.fc2.com/tb.php/214-2d6a7541
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)