日々の嘆き

シトローエンとかルノーとかvelosolexとかホンダとかヤマハとかチャリとかJAWAとかべスパとかとかとか

ワンウェイバルブ続き

さて。
悲しいお知らせだった自作バルブですが、今のところ悲しい結末になった原因で考えられるのは次の4つです。

1:ワンウェイバルブそのものがプラシーボの域を出ない。
2:まだデータ不足。調圧弁だけでなくその他の設定をして初めて効果が出る。
3:ダイソー改ム式調圧弁だから効果が出ない。
4:CGには効かない。

一番可能性が高いのは1です。効果が無いということは無いのでしょうが、125ccの実働バイクで山あり谷ありを走るとその他の要素(風とか気温とか走り方とか道路状況)で相殺されてしまって目立った効果は出ない。その程度の効果ではプラシーボと断じざるを得ません。

2の可能性も否めませんがあちこちに書いてある提灯記事を見るとポン付けで燃費が悪くなるというのは考えにくいです。アイドルが安定したので温間時のアイドルを低く出来るという現象は確認できましたが、ひょっとして燃調も薄く出来たりするんでしょうか。

3の可能性は非常に高いです。まずもって設置場所の関係からホースの長さが足りず、少しですが接いでます。つなぎのパイプが抵抗になってたり、バルブの吐出量が足りない恐れは十分にあります。
じゃあ市販品を買えばいいのかという話ですが。

市販品がいくらかというと、何たることか18,000円ぐらいするんだそうです。18,000のバルブにどれだけの価値があるのか検討するため、BEPを算出してみましょう。
CGに入れるレギュラーガソリンが150円として

18,000/150=120. バルブの価格はガソリン120Lに相当するということです。
mucchiさんのCGがリッターあたり45km走るとすると
120x45=5,400. つまりバルブのお金でガソリンを買えば5,400km走れるということだ。
また仮にこのバルブをつけたら10%良くなるとしましょう。メーカー発表は30%とかっていうウワサですが。
つまり150/1.1=136.363636....本来150円のガソリンが136円で買えるのと同じということだ。
そこでその差額150-136=14円。差額を大きく見て。
18,000/14=1,285.71

つまりこの差額で18,000円の本体を償却するためには1.28キロリットル給油しなくちゃいかんわけだ。計算あってるな?俺。

このバルブに30%燃費向上効果があって、将来ガソリンがリッター200円になったとする。
200/1.3=153.84
200-153=47
18,000/47=382

382/9.5=40.21

満タン40回分

毎日通勤で乗ってる人なら意味があるかもしれない。30%燃費が向上するっていうのが前提だけどな。

さて。ここまで経済的BEP。

次に検討すべきは対環境BEPだ。ちなみにBEPってのは損益分岐点のことだぜ?ブレークイーブンポイント。

さて、このバルブでどれだけCO2排出量を削減できるかを考えてみます。

燃費が良くなるということは単位距離あたりのガソリン消費量が少なくなると言い換えられます。10%燃費が良くなったというのを単純にいままで1使ってたところ0.9で済むようになったと
考えましょう。ちょっと乱暴ですが。

で。

ガソリンの二酸化炭素排出係数は2.31kg/リットルなので、
たとえば300kmのツーリングをしたとして、今mucchiさんのCGはだいたいリッター47kmぐらい走るのです。それが10%向上するとすると51.7km/L。
300/47=6.38
300/51.7=5.80
6.38-5.80=0.58

300kmのツーリングで580ccガソリン消費に差がでます。これに二酸化炭素排出計数をかけて
2.31x0.58=1.3398
1.34kgとしよう。容積に換算するとするとCO2の分子量は44なので
1340/44=で30.4L(0℃/1atm)。

ちなみにネット上のリソースによると杉の木一本で年14kgのCO2を吸収するんだそうです。

このバルブを作るにあたってどんだけの勢いで電気炉を動かしてアルミを作り、電気を起こして旋盤を回し、梱包資材にプラスティックを使って、ガソリンなり軽油を焚いて流通させるかがわかれば良いのですがもちろんそんな資料はありませんのでわかりません。ですが、相当走らないと黒字にはならないでしょう…。

これからうーんとガソリンが高くなり、なおかつ毎日通勤に使うような人なら、経済的には有意。自然環境を気にするなら、18,000円を環境保護団体にでも寄付してその上でエコランを心がける方が直接的で良いと思います。

すべてはこの市販品に効果があると仮定した上での話しですがNE

まあこのバルブにはそれ以外にも効果があるとかありますが
エンジンレスポンスとか出力向上とかそれ自体には全く興味が無いので燃費にしか注目しません。

脇にそれまくりました。なんでいい結果が出なかったのかの考察でした。
 
4:CGには効かない

つまり、単気筒でもでっかいピストンがバコンバコンいってるようなSR500とかで顕著な効果が出るのであって、125cc程度のちっこいのがピコピコいう程度ではそもそも大した抵抗がない。つまりバルブをつけてもつけなくてもエンジン内での空気抵抗損失は大したことではないと。もしくはCGのブリーザーはエンジンに対して空気抜きとしての能力が勝っているのでそもそもそんなに抵抗にならないとか。
この辺も可能性高いですねえ。

なんにしても、500kmぐらい燃費を監視し続けて、結果を見て判断せざるを得ますまい。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/28(月) 17:16:03|
  2. ホンダ CG125
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<V計劃 | ホーム | ワンウヱイバルブ>>

コメント

おぉ、数値解析も含む、堂々たるルポだぁ。
これだけ長いと、実に読み甲斐がある。
大マジで、ジックリ読みました(^-^)。

その中で、次の文が最もインパクトあり。
「今mucchiさんのCGはだいたいリッター47kmぐらい」
あぁ(゜O゜)!
ウチのカブよりずっと燃費イイじゃん。
もうそれ以上を望むのは、欲深すぎるかもw。
  1. 2008/01/28(月) 18:44:07 |
  2. URL |
  3. REI #9enIUaYc
  4. [ 編集]

ホントですか。カブってリッター70kmとか走るもんだと思ってました。

CGの燃費なんですが、ドライブ側のギアを16Tに換えた物で普通に走ると40km代中盤は行くはずです。40kmを割るというのは某大兄のようにいじっているか、かつての私のようにミクスチャーがメタメタになってないと出てこない数字です。

CGによる低燃費走行世界記録は77km/Lかなんかですから、しっかり調子をだして上手に乗れば50km代は夢ではないと思うのです…。
  1. 2008/01/28(月) 21:57:06 |
  2. URL |
  3. mucchi #-
  4. [ 編集]

そこでCD50(6V)を購入してだな(マテ
※246を50巡航できて、素で50km/リットル行きますぜ。

兄者!カブは4速車でないと回転上がって燃費は下がるのじゃ!
ウチにかつていたC90は30Km/リットルを割ってのう、、、

50カブのは30km/hで平地を走った燃費なのじゃ。聞こえはいいが。
コンパスの先にカブ括りつけて、60kgの重し乗っけるんでしたっけ?

REI様
CGって基本的には耐久性とかに力点が置かれているので、40Km/リットル台は容易に叩き出せるのですが、そこを超えるのが難しいのです。

まあ、三菱ジープでエコランやるようなモノなので、、、
  1. 2008/01/28(月) 22:26:19 |
  2. URL |
  3. chanch #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mucchi.blog63.fc2.com/tb.php/255-6629e568
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)