日々の嘆き

ルノーとか以下略

ルブリケーション

いやさ。
蒸気機関てあるじゃん?外燃機関?
色んな方式があるとはおもうけど、基本的にはあれってコンプレッサーの逆じゃんね。
クランク回して圧搾空気をシリンダーから出力するか、圧力をもった水蒸気をシリンダーに入力してクランク回すかの差なわけで。
当然摺動部の潤滑が必要になってくると思うんだけど、やっぱり油で潤滑してるんでしょうね。デゴイチのピストンがオイルレスメタルとかジュラコンでできてるっていう話はあんまり聞かんもんね。

となると、油膜と水蒸気ってたぶんじかに接すると思うんだけど、高温高圧の水蒸気と潤滑油って混ざっちゃわないかしら。
汽笛一声新橋を出発して、桜木町についたころには油がぜんぶマヨネーズになってたとか悲しすぎるぜ?

なんてことを仕事しながら考えてたら気になって仕方ありませんでした。こどもでんわそうだんしつに電話してみようかしらん。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/04(水) 13:28:12|
  2. ヨタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<全レスなど | ホーム | >>

コメント

>潤滑:

蒸気機関のピストンの精度ってご存知?
ピストンの隙間が10mmから上ですと、、、、

これじゃいかん!と戦時中、南方へ送られた内燃機関の技術者の指導の下、蒸気機関車(C56だったかな?)をフツーのエンジンのようにコンマ何ミリの世界で組んだそうな。

線路を自力で1mmも走れない機関車が出来たそうです。

※オイルはたしか蒸気と別に垂れ流しで潤滑、軸受けは平メタルに「芋虫パッド」ですね。
  1. 2008/06/04(水) 20:59:29 |
  2. URL |
  3. chanch #mQop/nM.
  4. [ 編集]

トータルロス

ってやつですかねぇ・・・・
蒸気機関の模型作りたいなぁ。
  1. 2008/06/05(木) 13:13:51 |
  2. URL |
  3. たいら #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mucchi.blog63.fc2.com/tb.php/314-ca6005fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)