日々の嘆き

ルノーとか以下略

さいたま おかわり

さーて。
今日も激しくお出かけだ。新たなる桃源郷奥秩父。何で隣の県なのに新たなるなのかというと、いままであんまり行かなかったから。なんとなればまず私の家からだとアクセスが悪い。オードブルとしてよく走る奥多摩周遊道路からのアクセスがあまりよくなく、軍畑から成木街道を越えるにしても一回奥多摩の町を抜けて、そのあとさらに秩父の街を通らないと奥秩父には行けないのね。しかも現地の国道140号線は車が多くワインディングを楽しむという感じではなかった…のだが、そこから一本はいるとパライソだったというわけなのサ。

ところが今日は一発目からルート選択をミス。新奥多摩街道はうんざりするほど信号が多くたっぷりタイムロスしてしまった。11時前に出たのに成木街道に入ったのが12時でしたよ!
そのまま名栗から秩父の町へ。140号は案の定車が多く残念な感じですが、遅いなりに低速でくるくるして楽しめるのは小排気量のいいところ。

さて。
地図を忘れた昨日の夜反省会をしてたら面白そうなところを見つけたのでやってきたのだ。
秩父鉄道の三峰口駅前にあるという鉄道何とか公園。古い電車が置いてあるんだってさ。

って着いてみたらなんか汽車が停まってるじゃんよ
IMGP1977.jpg
ボーっと見てたらピーピー汽笛を鳴らしてゴロっと走ったかと思ったかと思うとすぐ後ろ向きで戻ってきた。
車庫のほうに走っていっちゃったので店じまいなのかと思ったら周りにいた鉄オタの人がすっとんでった。
なんだかピヨピヨ言ってるから見に行ってみると。

うはー。転車台だ。
IMGP1980.jpg
ぐるっと回ってまた出て行ってしまいました。忙しい忙しい。

展示してあったかわいらしい電気機関車。古いんだってさ。
IMGP1989.jpg

おなじくお古い電車。趣があって大変よろしいがコレ乗って毎日通勤するのはやっぱり勘弁して欲しいと言わざるを得ない。
IMGP1987.jpg
蓄電池。手書きの文字がキュート。これバイクのサイドカバーに貼っといたらおしゃれじゃね?
IMGP1988.jpg
かわいらしい機関車の運転台。夏熱くて冬寒そうな感じ。背後には機械がむき出しのままどっちゃり。
IMGP1990.jpg
汗びっしょりになって写真を撮ってたらさっきの汽車が走ってった。
IMGP1992.jpg
と思ったら戻ってきた。後ろ向きで。

IMGP1994.jpg
つまりこういうことだ。列車を引っ張ってどん詰まりの三峰口駅に走って来た汽車は客車だけ残してひとりで支線に入って転車台で向きを換え、今度は別の支線で客車を追い抜いて途中で切り替えしてお尻からホームに入線、列車の反対側に連結したと。ずいぶんめんどくせえなあ。なんでもかんでも電車になっちゃうわけだね。今の時間の流れじゃね…。

作業全体を通して運転手さんとか、炭水車に旗持ってしがみついてた駅員さん?が割合楽しそうだったのが印象に残りました。

も一丁電気機関車。むかしこういうの青梅線にいなかったか?ヨーカン色だったけど。
IMGP1991.jpg
も一丁のほうの運転台。前見にくそう。
IMGP1996.jpg
操作桿。マスコンハンドルって奴だ。動かせました。「並列」「直列」って刻印してあったけど何のことだかさっぱりだ。
IMGP1997.jpg
写真を撮り終えた後なんとなく「切」の位置にして出てきた。

おなかが空いたのでお昼をいただく。今日も家で作ってきたサンドイッチだ!あと福生のダイソーで買ってきた森永キャラメル。
IMGP2000.jpg
今日も背負子水筒ことプラティパスを背負ってます。水にはこまらない。そんでもって汗ダーダーかくのでトイレに行く必要がない!夏大好き。

おなかもできたので再度出発。140号に戻って昨日入った中津川方面への分岐へ。そのままどんどん奥へ入っていきます。

このクソっ暗い素掘りのトンネルを通り抜けると…
IMGP2002.jpg

はいッ。廃墟系の方には有名な日窒鉱山でございます。
IMGP2004.jpg
奥秩父らしく石灰方面を商ってらっしゃるそうで。

いい雰囲気の郵便局。
IMGP2005.jpg
廃墟。
IMGP2006.jpg
ところでこの日窒鉱山。操業してます。今日は日曜日だったので(狙ってきた)休みみたいでしたが、従業員らしいおじさんが車でお出かけするのに出っくわしました。
こんなボロ家ばっかり並べてる会社とお思いかもしれませんが昨年度売上120億、利益率11%(!!! 税引前。連結)の上場企業です。

鉱山街を抜けると普通の舗装林道になります。
IMGP2008.jpg
路面に砂利がおおいのが難物だ。

てっぺんの峠は絶景。
IMGP2010.jpg
てっぺん手前の八丁トンネル。照明ナシの真っ暗トンネルで出たとたん断崖絶壁というおそろしいつくり。
IMGP2011.jpg

そのまま林道を降りると志賀坂峠あたりの299号にでます。そのまま299を駆け下りて途中右折して県道37号線へ。

途中の道の駅で野菜を買う。
IMGP2012.jpg

そして再び140号に舞い戻り、雁坂トンネルに向けて2度目の山登り。
140号は相変わらずだったが途中ふと気がついた。これ先で二股になってて、かたっぽ旧道だったべや。
旧道走ってみよう!


で。


途中のT字路を「三峰神社」って書いてある方に曲がったのね。
そしたらなんか変な看板。分岐の道が点線になってんのよ。そいつをパスすると…

なんか変なところに来てしまった…なんだこりゃ

トンネル内分岐ってこれ山いがでやってたとこだっぺよ!


IMGP2013.jpg
見るからに長そうな赤信号はエンジン停止してバックパックからカメラを取り出して写真をあれこれ撮った後戻ってきてカメラをしまい、本日二個目の森永キャラメルをポケットから出して口に入れ水をちゅうちゅう飲んでゲップをしたあとここをどういう風にブログで紹介しようか考えてなお余る位でした。

IMGP2014.jpg
ちなみに信号脇には「大型車が遅いと赤信号中に走りきんないで中に残ってることがあっから気をつけてね。テヘ」みたいな看板がありました。だめじゃんよ!

トンネルは本当に中で分岐してた。ツーリングマップル持ってる人は見てみ?46ページ大滝。
トンネル自体はそんなに長くなく、大型車がムコウからやってくることも無かったです。つーかあのループ橋の道ができるまでこっちがメインだったんだべ?えらい混んだんじゃねーの?
もっとも、雁坂トンネルができるまでこの道自体が馬鹿でかいピストンだったという話も聞くが。

で、案の定旧道は神だった。まじで。
IMGP2015.jpg

で、雁坂トンネルで甲府盆地まで出て、塩山から笹子ぬけて帰ってこようかと思ったら大月ICのはるか手前から20号が腸閉塞起こしてた。超ロングな一本橋をこなす羽目に。
やっとのことで猿橋駅前までたどり着いて側道に避難。

中央道は案の定。なんというメシウmご愁傷様です…
IMGP2018.jpg
フェンスごしに写真とってたら観光バスの客がこっちに気が付き、なんか車内で言い合ってた。残念だけど渋滞の本場は小仏トンネルと談合坂の間だから地獄はこれからなのよね…

棡原を抜けたところで時間切れ。富士山が美しい。
IMGP2023.jpg

さて。
ここからが問題。夜の和田峠を越えなきゃならない…。暗いのはまあしかたないとして。
ハイパー虫タイム突入
暗くなってくると虫が出てきて、山道ってのは往々にして沢に沿ってて、木陰で風がないと虫大喜び。
なんかもうマリンスノー状態です。げんなり。

いつもより余計に飛ばして和田峠を越えました。頂上の真っ暗い駐車場で家族連れがメシ食っててなんかびびった。

8時過ぎに帰宅。出たのが遅かったからなー。

100718log.gif
glaph.jpg
走行距離は312km。今日の燃費は39.71km/L。昨日今日あわせると総走行距離は598kmで燃費は39.67。ごりっぱ。

あ、オイルが終了気味です。2,000km近くまで引っ張ってしまいました。そろそろ換えたほうがよさりげ。
スポンサーサイト
  1. 2010/07/18(日) 22:02:58|
  2. ホンダ CB125T
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ありがとう 赤いきつね | ホーム | まがたま十六心の輪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mucchi.blog63.fc2.com/tb.php/794-f5ab5214
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)