日々の嘆き

ルノーとか以下略

人力リンドゥー

環八お茶会は楽しかった。寝不足気味だが林道分も不足気味なので例のごとく弊社ガチムチ自転車ことクマー号あるいはマリンたん(長いな)で五日市へ。

ボコボコタイヤのMTBなので多摩川沿いのサイクリングロードは取り立てて楽しくありません。
野球少年を轢かないようにソロソロ走ります。

小一時間ほどで林道入り口に到着。
R1002094.jpg
看板が読めねえだよ。

ここんところ雨は降っていない筈だが路面には水がちょぼちょぼ出てきます。この林道は沢に近く、いたるところから水が染み出ているようでいつもじめじめしています。
入ってすぐに道は登りになり、それなりにしんどい坂が断続的に続きます。
ヒーコラヒーコラ登っていたら落ち葉みたいなのがモソモソ動くから何かと思ったら…

サワガニでした。
R1002095.jpg
気温が低いからか、やる気が無いのか、動きが鈍い。サワガニってこんなにドン臭かったっけ?
記念写真の後、轢かれないように道の端に追いやってからさらに上ります。

またいた。
R1002097.jpg
かまうといっちょまえに怒ってハサミをフリフリします。こやつめハハハ。

少し先にさらに一頭いた。この林道片側が沢で片側が崖というわかりやすい立地なので、この手の動物がいてもなんら不思議はない。ミミズのでかいのとヒバカリやヤマカガシがいたらフルコンボですね。

しかし道の状況ははっきり言ってあんまり楽しくない。
R1002098.jpg
激坂という程ではないが、別に坂が好きなわけじゃないのよ。

なんだかおととさん好みの遺構を発見。
R1002099.jpg
採石関係の施設だったらしいですね。

さらに進むと道はダートになる。林業関係者が車で入ってくるようでわだちの跡は残っているが、
むしろ八王子と五日市の間に位置する刈寄山への登山ルートであるようです。実際にご婦人のハイカーご一行とすれ違いました。
まあ要するに登山道なのだよ。草が生えているが路面そのものは結構ゴロゴロしてる。

うげ。コレ登るのかよ…
R1002100.jpg
ちなみに刈寄山は標高687m。戸倉三山とよばれる低山群の一つで、ハイカーにはそれなりに知られているようです。

あーもう止めだ止め。こんなとこ登ってられっか。
R1002101.jpg
まだ奥までいけそうですが飽きちゃったので降りることにしました。

登りはあんなに苦労したのに降りるのは一瞬だった。まあそれが楽しくて登るんだけどね…。
降りる途中で枝林道へ。相変わらずマディーだ。自転車はあっというまにヌタヌタになってしまいました。
自転車がヌタヌタはしょうがないが乗ってる本人も泥水で水玉模様になってしまう。どうにかならないかコレ。

乾いた所もあっていい感じ。
R1002102.jpg
また来る口実?のためそこそこで切り上げて戻ることにしました。
R1002104.jpg
全体的な雰囲気はこんな感じ。この辺までは車でも入ってこられます。

林道を出てまた睦橋通りを経由して多摩川に戻り、国立の自転車屋でドロヨケとタイヤ買った。

戦いすんで日が暮れて。
R1002105.jpg
サイクルコンピュータをつけてないので何キロ走ったか不明。
脚力もさることながら、バランスとか障害物の上り下りとか、そういう技術も欲しいなあ。
スポンサーサイト
  1. 2010/11/14(日) 18:06:19|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<クマー號 | ホーム | カソパチ>>

コメント

サワガニかわいいよサワガニ

てか、遺構の詳細キボンヌ
  1. 2010/11/14(日) 20:02:23 |
  2. URL |
  3. ototo #SFo5/nok
  4. [ 編集]

>遺構の詳細
現場までは舗装してあるからototo号で行ってくるよろし。
  1. 2010/11/16(火) 00:39:18 |
  2. URL |
  3. mucchi #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mucchi.blog63.fc2.com/tb.php/839-ebcd9508
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)